イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日

空き家について

Unoccupied House
 

空き家の管理でお困りの方

こんなお悩みはございませんか?
イエステーション常総店には、次のようなお悩みが多数寄せられています。

経済的・労力的な負担

できればきちんと管理したいが、経済的な理由でできない、その手間をかけられない…

精神的な負担

所有している空き家の近所の方から苦情が入り、精神的にまいっている…

手入れ方法の疑問

将来売却することを考えて状態を維持しておきたいが、手入れ方法がわからない…

維持費用に関する不安

実家を相続したが、税金や光熱費など、維持にかかる費用がわからず怖い…

こんなお悩みを、イエステーション常総店では解決しています!

精神的な負担を解消

空き家を管理することで得られるメリット

面倒に感じてしまう空き家管理ですが、定期的な管理を行えば近隣とのトラブルや損害賠償責任を負うリスクの回避といったメリットが多くあります。

手入れ方法の疑問を解消

空き家を自分で管理する方法

自身ですぐ始められる空き家の管理方法について、事前に準備するものや、作業の流れ、注意すべき点などをご紹介します。

維持費用に関わる不安を解消

空き家の維持管理費用

全く利用していない空き家でも、維持し続けるには様々な費用がかかります。更に自分で管理するには多くの時間と労力も必要です。

イエステーションが空き家管理について“お客様に選ばれる理由”!

イエステーション常総店は、有資格者が対応する高いサービス品質と、メディアでも取り上げられる高い信頼性、そして空き家所有者の方のご負担を軽減するワンストップのサポートで、多くの方に選ばれています。

利便性:所有者様の手間をワンストップで解決する体制

資格を持つ専門家が、空き家管理に関わる面倒なことを一括して対応します。

サービス品質:資格を持つ専門家による相談・サポート

当社の担当者には「空家空地管理士」の有資格者を必ず置いて、ご相談者の立場に立ったサポートを行うよう日々研鑽を積んでいます。

信頼性:空き家に関する豊富な知識

管理から相続、活用相談まで、空き家の専門家として広く対応。各種メディアからも多数の出演オファーをいただいております。

「何から手をつければよいか」わからない方へ

「実家を相続したが、既に別に自分の家も所有している」
「親が老人ホームに入居して、誰も住んでいない」
などの理由で、「誰も住んでいない実家をどうにかしないといけないと思うけれど、何から手をつければよいかわからない」といったご相談が増えてきています。

そのような場合は、「いつ頃までに、どうしたいか」をまず考えることが重要です。
「1年くらいで荷物の整理をして、その後は人に貸したい」「親の3回忌が終わった後には売却したい」といった予定を立てることで、それまでの管理方法などを決めることができます。

一方、「このような予定を立てて行くためのアドバイスが具体的にほしい」という方も多くいらっしゃいます。そのために当社では、空き家・空き地の管理方法や活用方法のご相談を無料で承っています。お気軽にご相談ください。

 

空き家の活用方法でお悩みの方へ

こんなお悩みはございませんか?
イエステーション常総店では、このようなお悩みも解決しています。

どのような活用方法が存在するのか、わからない…

売却しようかと思うけれど、思い入れのある家を手放す決心がつかない…

相続の問題で、活用の話が進まない…

子どもに負の財産を残したくない…

他の不動産屋に、買い手がつかないと断られた…

 

空き家問題について

空き家の増加に伴い、空き家に関連したトラブルも増加しています。新聞やテレビなどのメディアでも報道される機会が増え、空き家問題に対する注目も高まっています。しかし全ての空き家がトラブルをもたらす「問題空き家」ではありません。では、社会問題化する空き家とは、どういう空き家なのでしょうか?

増え続ける空き家 ~2つの空き家問題~

今後、増え続ける空き家に関する問題には大きく分けて2つの原因があります。
1つ目は、高齢化社会と人口減少が進み、空き家が急速に増加すること。2つ目は、空き家所有者が空き家の管理や活用について問題を抱えていることです。

放置空き家が引き起こす被害

適切に管理されていない空き家が引き起こす問題は、老朽化による倒壊、放火や落雪などによる火災、雪の重みによる倒壊、景観の悪化などが挙げられ、どれも周辺住民に深刻な被害をもたらす危険性があります。

空家対策特別措置法とは

国会では、「空家等対策特別措置法」が平成26年11月に成立しました。
この法律により、適切に管理されていない空き家に対して、適切な管理への助言/指導/勧告/命令、跡地の活用促進、罰金や行政代執行などを行えるようになりました。

さらには、放置されていて景観を損ねていたり危険な状態である「特定空き家」に指定されると、固定資産税が6倍になることもあります。

空き家に関する条例

空き家に関する条例は埼玉県所沢市で初めて制定され、その後全国で次々と制定されました。 現在では多くの市区町村で制定されて、勧告・命令・公表・罰則・行政代執行などが行えるようになっています。

 
不動産に関する事等、お気軽にご相談ください。
arrow_upward