イエステーション 株式会社レステコホーム
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年12月27日
不動産豆知識

不動産売却後に確定申告をする際の必要書類をご紹介します!

筑西市にお住まいの方で不動産売却後の確定申告にお悩みの方はいらっしゃると思います。
確定申告は必ず必要な作業ですが、何から始めるのか分からないですよね。
必要書類についてあらかじめ把握しておくことで、確定申告がスムーズになります。
そこで、今回は不動産売却後の確定申告に必要な書類についてご説明します。

□不動産売却後の確定申告についてご説明!

不動産売却した場合は、利益がなくても確定申告が必要になります。
特に、利益が出た場合の確定申告は義務付けられています。
明らかな損失が出てしまった場合は、確定申告の必要はありません。

しかし、確定申告書類に不動産売却の費用を整理することで初めて利益や損失が正しく分かるケースも少なくありません。
そのため、利益なのか損失なのか分からない場合は、確定申告をすることが大切です。
確定申告を忘れてしまうと、利益が出た場合に追徴課税の対象になってしまいます。
損失が出た場合は、確定申告をしたことにより、税金が還付される特例があるため、確認しておきましょう。

そもそも確定申告とは、所得税金にかかる税金の額を計算し、税金を支払うための手続きのことです。
通常の所得以外に収入があった場合、確定申告は必要となります。
これには、配当所得があった人や不動産所得があった人が該当します。
会社員の方は、通常税金は源泉徴収税として納めています。

しかし、会社員であっても個人の不動産を売却した場合は、源泉徴収に反映されません。
そのため、どのような立場でも確定申告は必ずしましょう。

□不動産売却をしたときの確定申告の手順をご説明!

まずは、使用できる特例や控除があるかどうか調べてみましょう。
特例ごとに必要書類が異なり、準備が必要なので、事前に確認しておくことでスムーズに準備を進められます。
特例は自宅を売却した場合、譲渡所得から3000万円の特別控除が適用されます。
この特別控除額を譲渡所得から差し引いた金額が課税対象となります。

しかし、以下の条件を満たす必要があるため、注意しましょう。
・売却した不動産に売主自身が移住していたこと
・親子や夫婦など親族間の売買ではないこと
・売却した年から過去2年の間に同じ特例や譲渡損失などの特例を受けていないこと

条件に当てはまるかどうかもしっかりと確認しておきましょう。
また、自宅を売却して損失が出た場合には、「特定移住用財産の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の適用」を受けられます。
損益通算とは、5年を超えて保有している自宅を売却した時点で、残債が10年以上あり、さらに売却損が生じている場合に、売却損を給与所得から差し引くことができる制度です。
繰越制度は、その年度で通算できなかった翌年以降の3年間にわたって、控除できる仕組みになっています。

この特例にも条件があるため、注意しましょう。

次に、特例の有無を確認できた場合は、必要書類を入手しましょう。
書類が集まると、自分が納める分の譲渡所得税の金額を計算することが大切です。
計算が終わった場合、確定申告書を作成しましょう。
これらが終わると、税務署に書類を提出します。

提出方法は、以下の3つの方法があります。
・税務署へ直接持参する
・郵送する
・e-Taxで申告する

以上が確定申告の大まかな流れですが、難しいと思う方は税理士に任せても良いでしょう。
また、年末が忙しい方も税理士を検討してみてくださいね。

□必要書類を集める上での注意点をご説明!

確定申告で特例を受ける際は特例ごとに必要書類は異なります。
年末は忙しく、書類が足りなくなってしまうと、慌ててしまうでしょう。
そのため、どのような必要書類が必要で、それをどこで集めるのかを事前に確認しておきましょう。
また、必要書類に記入する内容も実際に記入する時に分からないことがないように、準備を怠らないようにしましょう。

そして、確定申告には期限があります。
確定申告の期限は、土地を売却した翌年の毎年2月16日から3月15日までと決まっています。
申告しなかったり、期間を過ぎてしまったりすると、無申告加算税や延滞税などのペナルティが発生してしまいます。
ペナルティを受けてしまうと、本来よりも多く納めることになってしまうため、期限はしっかりと守りましょう。

人によっては10個以上の書類が必要な場合があり、確定申告の期間が始まってから書類を集めると遅れてしまう可能性があります。
役所が混雑しており、スムーズに書類を集められないかもしれません。
そのため、書類の個数に関係なく、書類は確定申告期限前までにしっかりと集めておきましょう。

□まとめ

今回は不動産売却後の確定申告に必要な書類についてご説明させていただきました。
不動産売却についても確定申告が必要になると負担が大きいでしょう。
そのため、事前にしっかりと必要書類を確認しておきましょう。
筑西市にお住まいの方はこの記事を参考にスムーズに確定申告をしてみてください。

arrow_upward