イエステーション 株式会社レステコホーム
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年12月04日
不動産豆知識

不動産売却を検討している方へ!つなぎ融資について解説します!

「不動産を売却して新しい物件を購入したい」
常総市にお住まいで、このようにお考えの方もいらっしゃるでしょう。
そこでこの記事では、つなぎ融資についてとそのメリットデメリットをご紹介します。
気になる方はぜひ参考にしてください。

□つなぎ融資とは?

不動産を買い替えようとする際には、まとまった資金が必要です。
その際に、預貯金が十分にあれば問題ありませんが、多くの方は、今の不動産の売却益で賄うでしょう。

新しい物件を購入する場合、購入する物件の支払いが売却代金の受け取りの前にくる場合があります。
これを買い先行と呼びます。
この場合、手元に十分な資金がなければ支払いができませんよね。
その時に活用していただきたいのが、つなぎ融資です。

つまり、新たな物件を購入する際に生じる一時的な資金不足を補う手段がつなぎ融資です。
これは、住宅ローンのように毎月返済するものではなく、期限がきたら一括で返済する必要がある融資位です。
そのため、売却代金が入金されるまでのつなぎ融資ということになります。

□つなぎ融資のメリットとデメリットとは

続いて、つなぎ融資のメリットとデメリットをご紹介します。

*メリットについて

1つ目が、気に入った物件を逃さないことです。
つなぎ融資を使わずに住み替えで売却を待っている場合は、他の方に取られてしまうことがあります。
売買は、縁なので気に入る物件を見つけるにはかなり時間がかかるでしょう。
そのため、せっかく見つけた物件を逃してしまうのはもったいないです。

そこで、つなぎ融資を利用すれば、いま所有している物件が売却できるのを待たずに気に入った物件を押さえられます。
特に、中古の物件を購入して住み替えたいという方は、良い物件を見つけたらつなぎ融資を行うことをおすすめします。

2つ目が、引っ越しが1回で済むことです。
物件を売ってから次の物件を買う売り先行の場合は、購入物件が決まっていないのに売却が進んだ場合、どこかの賃貸一度引っ越す必要があります。
そうなると、引っ越しにかかる費用も単純に2倍になり、無駄なお金がかかります。

そこで、つなぎ融資を使用して次の物件を購入すると、引っ越しを1度で済ませられます。
しかし、つなぎ融資には金利や手数料がかかります。
そのため、つなぎ融資を使う方がコストや安いか、2重の引っ越し代の方が安いかは、よく確認すると良いでしょう。

3つ目が、物件がからの状態になるので、売却しやすいということです。
今の住宅を売ってから次の住宅の購入をする場合は、生活感のある状態の家を売ることになります。
そのため、家に生活感があると、購入の希望者が悪い印象を持ってしまうこともあります。
さらに、内覧対応の度に家の中のものを片付ける必要があり、面倒でしょう。

しかし、つなぎ融資を活用して先に物件を購入すると、家の中のものを全て無くしてから売却活動を行えるので、家を売りやすいです。

*デメリットについて

1つ目が、金利や手数料がかかることです。
つなぎ融資にかかる金利は、3パーセント程度です。
これは、住宅ローンよりも高い金利となっています。

さらに、つなぎ融資を申請する際には事務手数料もかかります。
これは、10万円プラス消費税と定めている銀行が多いです。

支払う利息の額は、例えば、半年間で1000万円を3パーセントの金利で借りると、15万円になります。
そのため、事務手数料と合わせると単純計算で25万円になります。
前述したとおり、2重で引っ越し代を払うのとどちらが安いかを確認して決めることをおすすめします。

2つ目が、資金計画が狂う可能性があることです。
売り先行では、売却が先行するので売却価格が確定するのが早いです。
そのため、資金計画を立てやすいという特徴があります。

しかし、売却価格がわからないままでつなぎ融資借りると、つなぎ融資の返済の際に苦労します。
そのため、つなぎ融資を使用しても資金計画が狂わないように、売却価格は低めに見積もっておくことをおすすめします。

3つ目が、融資期間内に返済しなければ遅延損害金が発生することです。
つなぎ融資の返済期間は、1ヶ月から1年程度です。
この間に返済できなかった場合は、遅延損害金が発生します。
その年利は14パーセント程度とかなり高額なので、必ず融資期間内に返済することが重要です。

□つなぎ融資のリスクを避ける売却のコツとは

最後に、前述したつなぎ融資以外で売却を行うコツをご紹介します。

1つ目が、つなぎ融資以外の融資を銀行に相談することです。
物件を購入する際の融資は、つなぎ融資以外にも存在します。

例えば、それほど大きな額ではない融資の場合は、フリーローンが利用できます。
これは、つなぎ融資よりも金利が低いことが多いというメリットもあります。
他にも、融資額が高額になる場合は、不動産担保ローンや住み替えローンの利用を検討しましょう。

2つ目が、不足している資金を贈与してもらうことです。
もしも、ご両親などから資金援助をしてもらえる場合は、住宅取得など資金の非課税制度を使いましょう。
通常の贈与では、年間110万円を超える贈与には贈与税が発生します。
しかし、この特例を使うことで、最大3700万円までが非課税になります。

□まとめ

この記事では、不動産を売却して新しい物件を購入しようと考えている方に向けて、つなぎ融資について解説しました。
つなぎ融資を使用する際は、メリットとデメリットの両方をよく理解して活用するかを検討しましょう。
不動産売却を検討している方は、ぜひ当社にご相談ください。

arrow_upward