イエステーション 株式会社レステコホーム
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年11月03日
不動産豆知識

不動産売却をお考えの方必見!査定で見られるポイントと事前準備をご紹介!

「不動産の査定依頼をしたいけど、依頼する前に何をしておくと良いのかな」
「不動産の査定ではどんなところを見られるのかな」
常総市にお住まいで、このような疑問を持っている方も多いですよね。
そこで今回は、不動産の査定を依頼する前の準備と査定で見られるポイント、査定依頼をする際の注意点についてご紹介します。

□不動産売却の査定を依頼する前に準備しておくこととは?

不動産の査定を依頼する前にはどのような準備をしておくと良いのでしょうか。
ここでは、査定依頼の前に準備・確認しておくことをご紹介します。


1つ目は、住宅ローンの残高の確認です。
住宅ローンの支払いが完了していない方はローンの残高を確認する必要があります。
ローン残高が分からない場合には銀行に問い合わせてみてくださいね。


2つ目は、書類の確認です。
不動産を売却する際には買主へ引き渡す書類が必要です。
具体的には、土地の実測図、土地の境界が記載された資料、建物の設計図書、建築確認申請書および建築確認済証、検査済証などが挙げられます。


また、これらの書類はなくても売却可能です。
しかし不動産会社から確認されますので、ある場合には準備しておきましょう。


3つ目は、売却時期と売却希望額の設定です。
より良い不動産売却を行うためには、査定を行う際に売却時期と売却希望額を不動産会社に伝えることが大切です。
一般的に販売期間として3か月、売却契約から引き渡しまでに1か月ほどの期間を要しますので売却時期を考える際にぜひ参考にして下さいね。


4つ目は、修繕履歴の確認です。
修繕履歴とはシロアリ予防や外壁塗装などを始めとする維持修繕を指します。
売却をする際に大きなアピールポイントとなりますので、いつ、どのような修繕を行ったのか事前に確認しておきましょう。


5つ目は、土地の境界と利用履歴の確認です。
土地の境界が不明な際には査定時に伝える必要があり、引き渡しまでに境界の確定を行います。
 

□不動産の査定で見られるポイントをご紹介!

不動産の査定をする際にはどのようなポイントを見られるのでしょうか。
ここではポイントを大きく5つご紹介します。

1つ目のポイントは、家の築年数です。
当たり前ですが、築年数が古ければ古いほど査定価格が低くなります。
木造の戸建ての場合は一般的に築15年で急激に価値が下がり、築20年を超えると新築購入時の1割程度の価値になる傾向があります。

2つ目のポイントは、家の内装です。
内容を見られる際には部屋がきれいな状態であるか、異臭がしないか、生活動線が考えられ生活しやすい間取りになっているかなどが査定額に影響を与えます。
その他にも雨漏りやシロアリの被害がないかも確認されます。
また、水回りの設備のグレードや最新設備が整っているかどうかも査定の際に大切なポイントです。

3つ目のポイントは、家の外装です。
外壁を確認する際には屋根や外壁の塗装が剥がれていないかや、破損箇所がないかを確認されます。

4つ目のポイントは、土地の状況です。
土地の状態を確認する際には、以下の3つのポイントを確認されます。

まずは土地の面積と形状です。
広くて使いやすい形状の土地であるほど査定額が高いです。

次に日当たりと眺望です。
住居空間を快適な空間にするためには日当たりが大切なポイントとなります。
そのため、日当たりの良い南向きの土地は査定額が高いです。

最後に道路との関係です。
建築基準法によって建物を建てるには4メートル以上の幅がある公道に敷地が2メートル以上接していなければならないと定められています。

5つ目のポイントは、周辺環境です。
周辺環境とは、生活するにあたって必要な施設が揃っているかや交通の便が良いかなどが含まれます。

また、上記でご紹介した土地や建物に関するポイント以外で確認されるポイントとしては家の管理者に関する情報が挙げられます。
売主と登記簿謄本の所有者が異なる場合には名義を変更する必要があります。

□不動産の査定依頼をする際の注意点とは?

不動産の査定依頼をするにあたってどのような点に気を付ける必要があるのでしょうか。
ここでは不動産の査定依頼をする際の注意点を2つご紹介します。

1つ目は、信頼できる不動産会社に依頼することです。
不動産会社に査定を依頼しても、依頼先の不動産会社が悪質な場合は査定額の信頼度が下がってしまいます。
当社ではエリアごとに担当が決められており、その街がどのように変化してきたのか見守ってきたスタッフが担当させていただきますので安心してご依頼ください。

2つ目は、相場を確認することです。
査定額は不動産会社が決めますが、売却価格はご自身で決めていただきます。
そのため、適切な売却価格を設定するためにも判断材料となる相場を知っておくことが大切です。

□まとめ

今回は、不動産の査定を依頼する前の準備と査定で見られるポイント、査定依頼をする際の注意点についてご紹介しました。
不動産の査定に関してご理解いただけたでしょうか。
当社では不動産売却のお手伝いを行っております。
売却に関して不明な点がありましたらぜひ一度当社までご連絡ください。

arrow_upward