イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年10月11日
不動産豆知識

空き家をお持ちですか?空き家の不動産売却についてご紹介

皆さんは空き家はお持ちでは無いでしょうか。
皆様がお持ちの空き家も、不動産売却により有効活用できるかもしれません。
心当たりがある方は、ぜひこの記事をご覧になり不動産売却へ踏み出してみましょう。

本記事では、不動産売却において、空き家を売却する方法、空き家の売却のメリットと注意点についてご紹介いたします。

□空き家を売却する方法とは

空き家を売却する方法は、大きく分けて3つあります。

*空き家付きの土地として売却する

経年劣化が進んでない物件はこの方法が有利です。
空き家を解体する手間や費用が必要ないため、簡単に売却できます。
空き家をリフォームして楽しむという不動産買取の方法があるため、大変人気の物件となるでしょう。
そしてその場合は、新築よりも安価に済みます。

ただし、売却に時間がかかってしまうと劣化が進んでしまったり、価値がつきにくくなったりしてしまう場合があります。
また、地域によっては空き家の需要が少ない場合もあります。

よって、この方法は比較的劣化が進んでおらず一軒家の需要が高い地域で有効です。

*空き家を解体して土地を売却する

この方法は、空き家を解体する必要があるため解体費用がかかります。
また建物がなくなることにより、固定資産税や都市計画税が大きく跳ね上がります。

しかし、土地のみを売り出すことにより需要が高い場合もあります。
土地を売り出すと、その土地を家のみではなく駐車場やその他の施設として利用可能です。
また、一度解体をしてしまうと、空き家のお手入れが必要ないというメリットもあります。
お手入れを怠ると、雑草等近所の家に迷惑がかかるため、その心配がない点は大きなメリットです。

この方法は、土地のみを売却した場合に施設等を建てて利用する目的がある地域で有効です。

*不動産会社による買取

空き家を、不動産会社に買い取ってもらう方法もあります。
その場合は、売却完了までの期間が短く済み、負担が少ないです。

ただし、売却の相場が7割程度となってしまう点に注意が必要です。
また、不動産会社によって買い取ってもらえる土地と買い取ってもらえない土地があることを把握しておきましょう。

この方法は、とにかく空き家の売却手続きを早く終わらせたい方に有効です。

□不動産会社による買取のメリットとは

最後にご紹介した不動産会社による売却のメリットを詳しく説明いたします。
この方法は皆様がよりスムーズに進められる方法であるため、特にお勧めしています。
では、早速4つのメリットをご紹介いたします。

まず1つ目は、すぐに利益を得られることです。
不動産会社にいったん売却をするため、その段階で空き家を買い取ってもらったという形になります。
出来るだけ早く空き家を売却したい方は、この点をメリットに感じるでしょう。

2つ目は、仲介手数料が不要なことです。
一度業者を挟んでいるため、買主と売主の間の仲介手数料を支払う必要がありません。

3つ目は、買主と売主のトラブルを心配する必要がないことです。
専門的な業者が契約を担当するため、契約内容や住宅ローンについてのトラブルが少ないです。
買主を探して売却する際には、稀にトラブルにより契約が白紙になることもあります。
不動産売却により、この負担がなくなる事は大きいでしょう。

4つ目は、ほとんどの場合瑕疵担保責任が免責となる契約であることです。
瑕疵担保責任とは、売却後に家に不具合があった場合に売主が責任を負わなければいけないことを言います。
不動産会社による買取であれば、その責任を取る必要が無い場合が多いです。

これらの4つが、不動産会社による買取のメリットです。

□空き家の売却の注意点

空き家の売却をお勧めしておりますが、空き家の売却にも注意点があります。
ここでは、売却する際の注意点を3つご紹介します。

まず1つ目は、空き家の権利についてです。
空き家の売却をする際に、その建物の所有権の確認が必要です。
もしも、所有権の保持者が複数人である場合は空き家の売却を権利者全員に確認しましょう。

そして全員の安否が取れた場合には、全員で話し合い同意を得た上で売却をしましょう。
相続人1人の意見で売却をすると、その契約が取り消しになる場合もございますので注意してください。

2つ目は、空き家の解体のタイミングについてです。
空き家を更地にするタイミングは1月2日以降がお勧めです。
先ほども申し上げましたが更地にすることにより固定資産税や都市計画税が高くなる場合があります。
更新のタイミングが毎年1月1日であるためそれ以降に更地にすることをお勧めします。

3つ目は、住居を離れてから3年以内に売却することです。
空き家を売却する場合に、住まなくなって3年以内であれば特別控除を受けられます。
売却によって利益が出る場合は、この点に注意が必要です。

これらの3つが、空き家の売却での注意点です。
皆さまが空き家を売却する際は、この3点を必ず確認してください。

□まとめ

空き家の売却についてご理解いただけたでしょうか。
皆様がお持ちの空き家も、高値での売却の対象となる場合もあります。
また、空き家の売却には多くのメリットがあります。
空き家の売却についてお悩みであれば、ぜひ一度当社までご相談ください。

arrow_upward