イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年09月17日
不動産豆知識

不動産売却における仲介手数料について解説します!

不動産の売却を考えている方にとってネックなのが仲介手数料です。
仲介手数料は不動産売買にかかる費用においてとても大きいものです。
そのため仲介手数料について知っておくことは大変重要です。
そこで今回は、常総市にお住まいの方向けに仲介手数料についてご説明します。

□仲介手数料に含まれる費用とは

仲介手数料とは不動産会社に不動産売買の仲介を依頼して、契約が成立した際に売り主が支払う成功報酬のことです。
そのため仲介手数料は不動産が売れるまで発生しません。
この仲介手数料にはどんな費用が含まれているのかご存知ですか。

仲介手数料には不動産の売却に関わる活動で必要な経費が含まれます。
内訳としては売却活動での広告費用、物件の案内、不動産の登記・権利情報調査、必要書類の作成・準備、支払い手続きとなっています。

しかし仲介手数料の範囲に含まれるのはあくまで通常の仲介業務での必要な費用のみです。
例えば遠くの購入希望者と交渉するための出張費や、特別な広告宣伝費用などが発生した場合それらは仲介手数料に含まれない可能性が高いです。
従ってそのような費用は仲介手数料と別に請求されます。

□仲介手数料において定められている上限と計算方法とは

先ほどは仲介手数料に含まれる費用についてご紹介しました。
改めて内訳を確認すると仲介手数料には様々な費用が含まれていることに驚かされますよね。
しかし内訳を把握しても、仲介手数料を必要以上に多く取られすぎていないか心配になる方もいらっしゃるかと思います。

そのような方に知っていただきたいのが、仲介手数料には法律で上限が定められているということです。
ここでは仲介手数料の上限と計算方法について解説します。

不動産の取引には専門知識が必要とされます。
そのため宅地建物取引の資格を有する仲介業者が、売買契約における重要事項を取り決め売り主と買い主に説明します。

そして仲介手数料には、宅地建物取引業法によって定められた上限があります。
これによって不動産会社は、上限を超える仲介手数料を原則として禁止されています。
その上限金額の計算式は取引価格の価格帯によって異なり、200万円以内、200~400万円以下、400万円~の3つの部分に分けられます。
その3つの部分の計算式は以下の通りです。

1.200万円以下の部分:取引価格の5%
2.200万円超え~400万円以下の部分:取引価格の4%
3.400万円超えの部分:3%
これらが仲介手数料の上限金額として法律で定められています。

少し複雑なので、取引価格が1000万円の場合を例に、仲介手数料がいくらになるか考えてみましょう。

まず1000万円のうち200万円以下の部分には最大5%の仲介手数料がかかります。
つまりこの部分の仲介手数料を算出するには200万円に0.05をかけます。
200×0.05=10ですので、この部分の仲介手数料の上限は10万円です。

次に200万円を超えた400万円以下の部分は、取引価格の4%が仲介手数料の上限金額でしたね。
そうすると200×0.04=8ですので8万円がこの部分の仲介手数料の上限となります。

最後に、400万円を超える部分の上限金額は取引価格の3%です。
1000-400=600ですので、今回の場合600万円がこの部分に該当します。
600×0.03=18ですので、この部分における仲介手数料の上限金額は18万円です。

そしてこれらを合計すると10+8+18=36となるため36万円となります。
またそれに加えて仲介手数料には消費税10%もかかります。
従って最終金額としては36×1.1=39万6000円です。
つまり取引価格が1000万円の場合、上限の39万6000円を超える金額を不動産会社は売り主に請求することはできません。

ただ、仲介手数料の上限は価格帯によって計算式が異なるため、なんだか複雑に感じられますよね。
そのためよりシンプルに計算するために、取引価格が400万円を超える時には一般的に速算式が用いられます。
その速算式とは、仲介手数料=(取引価格×3%+6万円)×消費税です。

先ほどの、取引価格が1000万円の場合をこの速算式に当てはめて計算してみます。
すると(1000万円×0.03+6万円)×1.1=39万6000円となり、価格帯に分けて計算した場合と等しくなります。
このように速算式を使った場合の方が、計算が単純になります。
そのため取引価格が400万円よりも高額な場合に上限額を計算したいときはこちらの計算式を使うのがおすすめです。

計算方法に関しては文章だけではわかりづらい部分もあるかと思います。
ご不明な点がある方やもっと詳しく知りたい方はぜひ当社にご来店ください。

□仲介手数料を支払うタイミングとは

上のパートでは仲介手数料に含まれる費用と仲介手数料の上限・計算方法について解説しました。
ここでは仲介手数料を支払うタイミングをご説明します。

初めにも書いたように、仲介手数料は成功報酬であるため、契約が成立するまでは発生しません。
また取引価格が決定するまでの間、仲介手数料を算出することはできません。

一般的には不動産売買の契約時に仲介手数料の半額を支払い、引き渡しの際に残りの半分を支払います。
全額一括で支払うことも可能ですが、不動産会社の仕事は引き渡し完了までにも残っているため2回に分けることがおすすめです。
仲介手数料の支払いに関するトラブルをなるべく減らすためにも、支払いのタイミングは事前に確認しておくと良いでしょう。

□まとめ

今回は不動産売却の際に発生する仲介手数料について詳しく解説しました。
仲介手数料への理解を深めることで、安心して取引を進めることができるかと思います。
不動産売却を検討中の方は本記事を参考にしていただけると嬉しいです。
また常総市にお住まいの方はぜひ当社にお気軽にご相談ください。

arrow_upward