イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年09月03日
不動産豆知識

不動産売却のメリットデメリットとは?解説します!

相続した不動産の使い道にお困りの方はいらっしゃいませんか。
「使う予定がないから売却したい」とお考えの方も多いと思います。
この記事では、常総市にお住まいの方向けに不動産売却のメリットとデメリットを解説します。
ぜひお役立てください。

□不動産売却を行うメリットとは

不動産を売却するのはとても勇気のいる決断ですよね。
不動産売却によって得られるメリットはいくつかあります。
ここではそのうち3つをご紹介します。

メリットの1つ目は不動産を現金化できることです。
当たり前のことですが不動産を売却すれば現金を手に入れられます。
もし家の購入を検討していたりローンの返済などで困っていたりする場合には、売却して得た現金をそれらに当てることができます。

さらに、火災保険などに加入している場合不動産を売却することで現金が返還されることがあります。
ただしお金が返って来るかどうかは契約内容によるため確認が必要です。
またお金を受け取るには申請が必要ですので注意しましょう。

2つ目のメリットは維持費が必要なくなることです。
例え使っていない不動産であっても、放置していると老朽化していくため、定期的なメンテナンスが必要です。
この維持費は場合によっては大きな金額がかかることもあります。

またメンテナンスにはお金だけでなく労力がかかります。
不要な土地を持ち続けるとこういった維持費は大きな負担になる可能性があります。
しかし不動産を売却してしまえば維持費を支払う必要はなくなります。
そのためメンテナンスにかけていたお金をより有意義に使うことができることになるでしょう。

3つ目のメリットは税負担が軽減されるということです。
不動産は所有しているだけで固定資産税や都市計画税がかかります。
固定資産税は固定資産税評価額に税率をかけて算出されます。
税率は自治体によって異なりますが、1.4%が標準税率となっています。

また都市計画税とは市街化区域内で土地を所有している場合に収める税金のことです。
こちらは固定資産税評価額に税率0.3%をかけることで算出されます。
ちなみに固定資産税評価額は、各自治体の固定資産課税台帳に記載されています。
不動産を売却すればこういった税金を減額することができます。

□不動産売却を行うデメリットとは

先ほどは不動産売却のメリットをご紹介しました。
現金を手に入れられたり支出を抑えられたりする点が魅力的ですよね。
しかし不動産の売却にはデメリットも存在します。
ここではそのデメリットを3つご紹介します。

1つ目は不動産の売却には諸費用がかかることです。
不動産を売却するには譲渡所得税や仲介手数料などの諸費用がかかります。
これらの費用は予想よりも高額になる場合もあります。

不動産を売却して実際に手に入れられるのは売却価格からこういった諸費用を差し引いた金額です。
そのため諸費用がいくらかかるのかを知っておくことはとても重要です。
売却の際は売却価格だけでなく諸費用の確認も忘れずに行いましょう。

2つ目は時間や労力がかかることです。
不動産売却は、不動産会社への相談に始まり引き渡しが完了するまで様々な契約の手続きが必要です。
また不動産が売れるとは限らないため、ある程度期間がかかってしまう場合もあります。
不動産の売却にはこういったコストが発生することを考慮する必要があります。

3つ目は不動産を売却するタイミングによって売却価格が異なることです。
一般的に不動産の価格は常に変動しています。
そのためいつ売却するかどうかを見極めることがとても大切です。
誤ったタイミングで売却して損をしないように、不動産価格はチェックするようにしましょう。

□契約不適合責任とは

ここまで不動産売却のメリットとデメリットを3つずつご紹介しました。
しかし不動産の売却において見落とされがちなリスクがあります。
それが契約不適合責任です。
ここではこの契約不適合責任について解説します。

契約不適合責任は2020年4月に行われた民法改正によって瑕疵担保責任に変わるものとして制定されました。
内容としては、売り主が買い手に引き渡したものが契約内容に適合していないと判断された場合売り主が負う責任のことを指します。

契約不適合責任が問われると売り主は契約解除や損害賠償請求に応じる必要があります。
また場合によっては補修や代物請求などにも対応しなければいけません。

こういったトラブルを避けるためには、不動産の情報を漏れなく契約内容に盛り込んだり特約を定めたりすることが大切です。
契約不適合責任は売却のリスクでもっとも気をつける必要があるものですので、確認を怠らないようにしましょう。

□まとめ

今回は不動産売却のメリットとデメリット、そして契約不適合責任について解説しました。
不動産売却を検討されている方は本記事を参考にしていただけると嬉しいです。
また、ご不明点などがございましたがお気軽に当社にご相談ください。

arrow_upward