イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年08月27日
不動産豆知識

不動産売却における媒介契約とは?解説します!

「不動産売却の媒介契約について知りたい」
常総市でこのようにお思いの方はいらっしゃいませんか。
媒介契約にはいくつか種類があり、ご自身の選択は売却を成功させる上でとても重要です。
そこで今回は媒介契約とは何か、そしてその種類や結ぶ際の注意点についてご紹介します。

□媒介契約とは

そもそも媒介契約とは何なのかご存知のない方も多いでしょう。
そんな方に向けて、まずは何かについて簡単にお話しますね。

不動産の売却を依頼する際は、不動産会社と媒介契約を結ぶ必要があります。
これは、宅地建物取引業者(不動産仲介会社)が不動産の売り手や売買の当事者との間で結ぶものです。
内容としては不動産仲介業者が不動産売買契約に関わる者の間に立ち、契約の成立を目指してあっせんすることが記されています。

仲介業務の依頼を受けた業者は、宅地建物取引業法により、依頼者と媒介契約を結ぶことを義務付けられています。
そしてこれを結ぶことで依頼者は、どういったサービスを受けるのか、仲介手数料はいくら必要かなどを明確に知ることができます。
そのためこの契約は、依頼者と業者とのトラブル防止にもなります。

□媒介契約の種類とは

以上で、媒介契約がどういったものかについて大体ご理解頂けたでしょうか。
実は媒介契約といっても、専属専任媒介契約と専任媒介契約、一般媒介契約の3つが存在します。
以下では、それぞれについて紹介します。

1つ目は、専属媒介契約です。
これは、たった1社の不動産とだけ契約を結び不動産売買の取引をするという契約です。
そのため、この契約を結べば、他の不動産会社と併用して依頼することが不可能となります。

他の契約と比較すれば、この契約と同様に1社のみしか取引できないのが専任媒介契約です。
一方で複数の会社に依頼可能なのが、一般媒介契約です。

さらに、専属専任媒介契約では、不動産会社が見つけてきた買い手とのみ契約を結べます。
つまり友人や家族など身の回りの人たちと契約したい場合でも、必ず不動産会社を介する必要があります。
これは義務となっているため、注意しましょう。

この特徴は他の2つの契約にはないものですので、専任媒介契約と最も大きな違いであると言えます。
また本契約は長くて3か月と定められているため、それ以上の場合はもう一度契約する必要があります。

加えて、この契約では契約を結んだ翌日から5日以内に不動産流通機構(レインズ)に登録する必要があります。
そして不動産会社は依頼者に対し、販売状況の報告を7日に1回以上するという義務が課せられています。

2つ目は、専任媒介契約です。
これは先述の通り、1社とのみしか契約ができないものであり、契約期間についてもマックスで3か月と同様です。
一方で、専属専任媒介契約と違う点は以下の3つです。

・自分で購入者を発見した場合でも売買契約を結べる点
・レインズへの登録義務の期間は契約の翌日から7日以内である点
・依頼者への販売状況の報告が14日に1回以上である点

このように、専属専任媒介契約と比べると少し条件が緩くなると認識しておけば良いでしょう。

3つ目は、一般媒介契約です。
これは先ほどの2つと異なり、いくつかの不動産会社と契約が結べます。
さらに自分で見つけてきた依頼者とも売買契約を結べるため、3つの中で一番制限が少ないと言えるでしょう。

レインズへの登録義務もなく、不動産会社からの依頼主への報告義務もありません。
そのため、サポートについては他に比べ手薄になると考えておきましょう。
契約期間は特に決まっていないため、売り手と買い手で決めることとなります。
一般的には他のものと同様に3カ月で結ぶことが多いです。

一般媒介契約には、明示型と非明示型があります。
前者は依頼者が契約を結んでいる会社を明示するもの、非明示型とは複数の業者に依頼しているかということやどこに依頼しているかということを知らせなくても良いものです。
これは業種によっても違うため、確認してくださいね。

□媒介契約を結ぶ際の注意点とは

最後に媒介契約を結ぶ際の注意点を2つ紹介します。

1つ目は、物件が売れなかった場合の対策を練ることです。
媒介契約を結ぶ中で、物件が売れなかった場合の対策を考える必要があります。
基本的には媒介契約を締結した3か月以内に売れるよう計画を組んでおきましょう。

2つ目は、解約条件を知っておくことです。
不動産会社と契約したものの、後から対応が悪くなった場合などは解約したいですよね。
もしものために解約条件を知っておくのも良いでしょう。

また媒介契約に途中解約をした際のペナルティーについての記載がある場合があります。
場合によっては、これまでの広告や宣伝費を支払う必要があるため、注意しましょう。

□まとめ

媒介契約とは何か、種類や結ぶ際の注意点についてについて解説しました。
媒介契約の種類について大体をご理解頂けたでしょうか。
契約を結ぶ際は、ぜひ今回の記事を参考にしてみてくださいね。

当社では当社買取も行っております。
不動産を売却したい方はぜひ当社までご相談ください。

arrow_upward