イエステーション 株式会社レステコホーム
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年07月27日
不動産豆知識

不動産売却を検討中の方へ!住み替えの流れをご紹介します!

住み替えを考えているけれど、どのような流れで行えば良いのか分からないという方は多いのではないでしょうか。
住み替えをする際は、前もって計画を立てることが大切です。
そこで今回は、住み替えの流れをご紹介します。
常総市で不動産売却を検討中の方は、ぜひ参考にしてください。

□買い先行と売り先行の違いとは?

住み替えには、「自宅を売却すること」と「新たな家を購入すること」の2つの取引が必要になります。
しかし、どちらを先に行えば良いのか悩みますよね。
そこで、買い先行と売り先行の特徴について紹介しましょう。
住み替えの手順でお悩みの方は、ぜひ参考にしてください。

買い先行の場合は、新居の購入資金に売却金を充てられないため、資金に余裕のある方におすすめです。
メリットとしては、元の家からそのまま新居に引っ越せるため、引っ越しが1回で終わるということです。
また、新居を決めた後に元の家を売るだけなので、時間をかけて慎重に新居探しができるでしょう。
しかし、住宅ローンが残っている場合は、新居の住宅ローンと重複し、返済額が大きくなってしまうため注意しましょう。

一方で、元の家を先に売却する方法なら、売却金をそのまま新居の資金として使用できます。
最大のメリットは、新居購入用のお金を前もって準備できることと、時間をかけて慎重に元の家を売却できることです。
デメリットとしては、元の家から仮住まいへ引っ越しを行い、さらに新居へ引っ越す必要があることです。
それぞれにメリットとデメリットがあるため、住み替えをお考えの方はぜひ参考にしてください。

□住み替えの注意点をご紹介!

住み替えは大きな買い物にもなるため、成功させたいですよね。
ここからは、失敗しないために気をつけるべきポイントをご紹介しましょう。
これから住み替えをする方は、ぜひお役立てください。

1つ目は、住宅ローンの仮審査をすることです。
買いたい物件が決まった後に、ローン申請をすると、貸し出し金額が減らされたり、貸し出しを断られたりするケースがあります。
そのため、住み替えローンを利用する場合は、前もって仮審査をやっておくのがおすすめです。
また、審査に通っていると強気の交渉ができるため、スムーズに購入できるでしょう。

2つ目は、住み替え期限がある場合に買取保証を利用することです。
持ち家の売却と新居の購入を同時に行いたい場合、期限までに買い手が見つかる保証がないため、売却タイミングを予想するがとても難しくなります。
そんな時は、住み替えする際に元の家を売却できなかった場合、不動産会社が直接買い取ってくれる買取保証を利用しましょう。
ただし、売却価格は相場の7割程度になってしまうため、どうしても期日までに家を売り切りたい方に向いています。

3つ目は、信頼できる不動産会社を選ぶことです。
希望に近い金額で家を売るためには、不動産会社選びがとても大切です。
買い手探しから条件交渉まで、全ての売却業務を不動産会社が担当するため、依頼した会社によって売却価格が大きく変わります。
様々な要素を考慮した上で、最も信頼できる不動産会社にお願いしましょう。

□住み替えの税金対策について解説!

買い先行と売り先行の違いや住み替えを成功させるポイントを紹介しました。
次は、住み替えの税金対策について解説しましょう。
住み替え後に後悔しないためにもしっかりチェックしておいてください。

1つ目は、3,000万円特別控除の特例を利用することです。
住み替えで家を売却するとき、購入時の価格よりも高く売れた場合は譲渡所得税を納める義務が発生します。
そこで、マイホームを売却した場合、譲渡所得から最大で3,000万円を控除できる特例があります。
ただし、特別控除が認められるには、いくつかの適用要件をクリアする必要があるため、前もって把握しておきましょう。

2つ目は、マイホームを売却した場合の軽減税率の特例を利用することです。
住み替えを行う際、10年以上所有していたマイホームを売った場合は、一定の要件を満たすことで税率が軽減されます。
この特例は、先ほど紹介した3,000万円の特別控除と一緒に受けることが可能です。
ただし、この特例にもさまざまな適用要件があるため、事前にチェックしておきましょう。

3つ目は、住宅ローン減税制度を利用することです。
住宅ローンを利用して新居を購入した場合、一定の要件を満たせば、入居始めから10年間は所得税の還付、控除を受けられます。
このように、さまざまな節税対策があるため、自分に合ったものを選びましょう。
より詳しく知りたいという方は、ぜひ当社にお気軽にご相談ください。

□まとめ

今回は、買い先行と売り先行について詳しく解説しました。
それぞれにメリットとデメリットがあることをご理解いただけたでしょうか。
また、住み替えの注意点や節税対策も紹介しました。
住み替えを行う際は、ぜひ今回紹介したポイントに気をつけましょう。
常総市で不動産売却を検討中の方は、ぜひ当社にお任せください。

arrow_upward