イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年05月27日
不動産豆知識

常総市で不動産売却をお考えの方へ!売却にかかる期間について解説します!

常総市で不動産売却をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、売却にかかる期間です。
不動産を売る際には、どのくらいの期間が必要になるのでしょうか。
この記事では、不動産売却を行う際の流れ、必要になる期間、売却までの期間を短くするためのポイントについて詳しく解説します。
ぜひお役立てください。

□不動産売却を行う際の流れとは

不動産の売却は、いったいどのような流れで進むのでしょうか。
ここでは、その流れについて解説します。

一般的には、次の8つのステップで進行します。

・売却に適したタイミングを見極める
・売却するときの相場を調べる
・不動産を査定してもらう
・売り出し価格を決める
・売却の依頼先を決める
・売却活動を始める
・買主と売買契約を結ぶ
・不動産を買主に引き渡す

まず第1ステップでは、相場の動きや最も高く売れやすいシーズン、ご自身の住み替えの時期などから売却に適したタイミングを判断します。

次に第2ステップでは、売却しようとしている不動産がどのくらいの値段で売れるのか、相場を調べます。
インターネットなどを活用してご自身で相場を調べておくことで、不動産会社の提示する査定額の妥当性を判断できるようになります。

第3ステップでは、不動産を査定してもらいます。
売却活動の手始めとして、不動産会社に目的の不動産を査定してもらう必要があります。
専門家に査定してもらうことで、自身が売りたい不動産にどのくらいの価値があるのかを客観的に見れます。

第4ステップでは、目的の不動産の売り出し価格を決定します。
不動産の査定が終われば、実際にどのくらいの値段で売り出すのかを決めていきます。
査定価格を参考にして、売りたい時期や価格との兼ね合いで決めていきましょう。

第5ステップでは、売却の依頼先を決めます。
中には悪徳業者も存在するため、きちんと調べた上で依頼する不動産会社を決めましょう。

第6ステップでは、いよいよ売却活動を始めます。
不動産を売り出したいときから具体的な売却活動が始まります。
購入希望者とどのように交渉すべきか、スムーズな売却にはどのような点を重視すれば良いかなど注意点を理解しておきましょう。

第7ステップでは、買主と売買契約を締結します。
購入希望者との交渉が求まれば、売買契約を締結します。
この際、契約内容で気をつけるべき点を事前に確認しておきましょう。
また、この際に買主から手付金を受け取り、仲介手数料の半額を支払います。

第8ステップでは、不動産を買主に引き渡します。
契約締結時に取り決めた時期に、不動産を買主に引き渡すことで売却が完了します。

この際、買主からお金を受け取るタイミングと、鍵を引き渡すタイミングを合わせることが大切です。
また、特に買主が住宅ローンを借りる場合や売主が住宅ローンを借りている場合には事前準備が必要でしょう。

□不動産売却にかかる期間とは

不動産売却にはいったいどのくらいの期間が必要なのでしょうか。
ここでは、その期間について詳しくご説明します。

不動産売却を決めてから実際に引き渡すまでに必要な期間は、一般的に3~6ヵ月程度と言われています。
当然、需要の高い物件であればもっと早く売れるでしょう。
反対に、なかなか買い手がつかずに時間が経ってしまうケースもあるでしょう。

以下各段階で必要になる期間の目安をご紹介します。

・情報収集~査定~不動産会社決定まで:約2週間~1ヵ月程度
・売却開始~内覧受け入れ~条件交渉まで:約3~6ヵ月程度
・売買契約締結~決済~引き渡しまで:約2週間~1ヵ月程度

これらはあくまでも目安なので、状況や物件の魅力、タイミングによって異なることを頭に入れておきましょう。

□売却までの期間を短くするためのポイントとは

ここまで、売却までにかかる期間についてご説明しましたが、売却までの期間を短くするためにはどのようなポイントに気をつければ良いのでしょうか。
ここでは、そのポイントを3つご紹介します。

まず1つ目は、土地をキレイに整えておくことです。
敷地内の雑草や汚れを除き、キレイな状態にしておきましょう。
そうすることで、スムーズに交渉が進み、結果として売却期間が短縮されるでしょう。

2つ目は、土地の情報を把握することです。
面積や境界だけでなく、以下のような情報も把握しておきましょう。

・土地に関する自治体の法令
・土壌汚染の可能性の有無
・地盤調査の有無
・水害のリスク

以上の情報を漏れなく買い手に伝え、スムーズに交渉を進めることで、売却期間を短縮できるでしょう。

3つ目は、売れやすいタイミングを狙うことです。
一般的に、次のタイミングで不動産を売却すると売れやすいと言われています。
・新学期や転勤前の1~3月
・新年前の引っ越しを目指す9~11月
・引っ越ししやすい大型連休前
・近隣に競合物件が少ない時期

上記のタイミングを参考にして売却までの期間を短くしましょう。

□まとめ

不動産売却を行う際の流れ、必要になる期間、売却までの期間を短くするためのポイントについて詳しく解説しました。
不動産売却をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。
ご不明点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

arrow_upward