イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年03月06日
不動産豆知識

不動産売却をご検討中ですか?仲介の流れについて解説します!

不動産売却をご検討中の皆さん、仲介の流れについてご存知ですか。
不動産を始めて売却する方など、馴染みがない方は多いでしょう。
しかし、あらかじめ全体の流れを把握しておけばスムーズに売却を行えます。
今回は、不動産売却の仲介の流れをご紹介します。

□売却の流れについて

最初に、売却時の一連の流れを確認しましょう。

まずは仲介会社を訪れて、売却の相談を行います。

できるだけ過去の実績が多くて、良いレビューが寄せられている仲介会社に依頼すると良いでしょう。
ご自身の状況や売却予定不動産に関する情報を共有して、アドバイスをもらってください。
住宅ローンの有無、家族構成、これからのライフプラン等によっても、最も適切な売却方法は変わってきます。
まずは専門家の意見を聞いて参考にしてください。

次に、売却予定物件の査定を行います。
実際に売却する前に、まずは当該不動産の価値を知る必要があります。
査定には、机上査定と訪問査定の2種類があります。
手軽に結果を知りたい場合は机上査定を、より正確な値段を知りたい場合は訪問査定がおすすめになるでしょう。

この時に確認するのが築年数などの基本情報や権利関係、市場の動向などです。
査定額が提示された際には、必ずその値段の根拠を確認するようにしてくださいね。

査定の結果が納得のいくものであれば、仲介会社と契約を結びます。
媒介契約には専属専任媒介契約、専任媒介契約、一般媒介契約の3種類のものが存在します。
ご自身にあったものを選択するようにしましょう。

契約を締結したら本格的な売却活動が始まります。
実際に売却活動を開始すると購入に興味がある人が内覧に訪れるようになるでしょう。
その時に少しでも良い印象を持ってもらえるように、できるだけ家を綺麗な状態にしておいてください。
特に、水回りなどが汚れていると印象が悪くなってしまうので、こういった汚れが溜まりやすい部分は重点的に掃除すると良いでしょう。

広告の作成、内覧者の応対、といった売却活動を行ううちに購入希望者が現れます。
そして、売り手と買い手が値段や引き渡し条件等について合意すれば、購入の申し込みを受けてください。

契約の際に必要な書類には、印鑑証明書、登記済権利書、固定資産税納税通知書、パスポートのような本人確認書類といったものが挙げられます。
あらかじめ仲介会社にどういった書類が必要になるのかを確認して、事前に準備しておくと良いでしょう。
書類によっては、入手に時間のかかるものもあるので、余裕を持ったスケジュールを立ててくださいね。

このようにして契約を結んだら、ローンの完済手続きや引越しの準備を行います。
引き渡し日に間に合うように、計画的に行動するようにしましょう。
そして、最後に契約時に定めた条件で鍵と物件を譲渡して、売却活動が終了します。

これが大まかな売却の流れになります。
実際に売却をする際には、さらに細かなステップが多数存在しますが、まずは全体の大まかな流れをイメージできるようにしてくださいね。

□買い替えを行う際のパターン分けについて

不動産売却の多くは、住宅の買い替えによるものでしょう。
そうした場合は、売却と購入を同時に行う場合もあるかもしれません。
購入と売却のタイミング別に、それぞれのケースをご紹介します。

*売却と購入を並行して行う場合

売却と購入を同時に行う場合は、さまざまなことに留意する必要があります。
引越しのタイミングもその1つでしょう。
今住んでいる物件の引き渡し時期と、新しい物件への引越し時期の両方について考える必要があります。

タイミングがずれて住む場所が一時的になくなってしまっては困りますよね。
ただ、自分が引き渡したい時期に、購入者が引き渡しに応じてくれるとは限らないので慎重にタイミングを調整しましょう。

*先に売却を検討する場合

今住んでいる物件の売却を先に検討する場合のメリットは、売却によって入ってくる金額を把握したうえで、次の住居の購入を検討できることです。
あらかじめ、どれくらいのお金が入ってくるのかがわかっていれば、次の住居にどれだけの金額を使えるかがわかって便利ですよね。

住宅は高価な買い物なので、住宅に予算を使いすぎて日々の暮らしが苦しくなってしまうケースも存在します。
しかし、売却額をもとに次の家探しを行えばより現実的な選択をできるでしょう。
その一方で、先に売却契約を結んだ場合は引越し時期を調整する必要があります。
場合によっては、一時的に賃貸住宅に住むことも検討する必要があるので注意してください。

*先に購入する場合

先に物件を購入する場合は、引越しのタイミングをあまり気にせずにじっくりと物件探しを行えるでしょう。
その一方で、上記のように予算設定が難しくなるかもしれません。
引越し後の生活のことも考えて、物件を購入するようにしましょう。

□まとめ

今回は、不動産売却における仲介の流れについて解説しました。
この他にも不動産売却についてご質問等ございましたら、お気軽に当社までご連絡ください。

arrow_upward