イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2021年01月08日
不動産豆知識

常総市在住の皆さん!不動産売却の仲介について解説します!

常総市で不動産を売却しようとお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産売却において、仲介という言葉をよく聞くが、その内容についてはあまり理解していない方も多いと思います。
そこで今回の記事では、不動産売却の仲介について常総市の業者が詳しく解説します。

□仲介と買取の違いとは?

仲介と買取は、主に4つのポイントで異なります。
それぞれのポイントを確認していきましょう。


1つ目のポイントは、売却方法の違いです。
仲介の場合は、売る予定の不動産を不動産仲介会社に売却依頼を行い、購入希望者が見つかると売却できます。
インターネットやチラシを用いた不動産の広告から契約手続まで、仲介会社がさまざまな面でサポートしてくれるでしょう。


買取の場合は、不動産会社に直接売却の相談を行い、契約が行われると不動産を売却できます。
仲介会社をはさまないというのが、仲介との大きな違いでしょう。


2つ目のポイントは、買主の違いです。
仲介では、主な買主は個人のお客様です。
そのため、購入した不動産は、ご自身がお住まいになるために購入する、実需(じつじゅ)での利用が一般的でしょう。


それに対して買取では、主な買主は不動産会社です。
不動産会社の場合は、土地や建物に、不動産の開発やリノベーションといった付加価値をつけ、再度販売を行う事業目的で購入することが多いでしょう。


2つ目のポイントは、売却手続期間の違いです。
仲介の場合は、不動産を現金化できるまでに、一定の売却手続期間が必要です。
なぜなら、個人の購入希望者を最初から探さなければいけないからです。
不動産売買契約が完了するまでに、3カ月程度かかるのが一般的でしょう。


売買の場合は、不動産業者が買主であるため、購入希望者を探すために広告や販売活動を行う必要がありません。
仲介と比較すると、短期間で売却手続きが完了できるでしょう。


3つ目のポイントは、売却価格の違いです。
仲介を利用する場合は、広告媒体を利用して広く購入希望者を探すため、不動産市場の相場価格で売却できる可能性が高いです。
一方で、買取の場合は不動産会社が付加価値をつけて再度販売するため、一般的には仲介よりも売却価格が低いでしょう。

□3種類の契約方法を紹介!

仲介を利用する際に、不動産仲介会社と結ぶ契約を媒介契約と言います。
媒介契約は契約条件によって3種類に分けられるため、それぞれの内容を見ていきましょう。


1つ目は、一般媒介契約です。
媒介契約の中で最も制限が少なく、複数の不動産会社に仲介を依頼できるのが大きな特徴です。
これを行うことで、購入希望者を見つけられる可能性が高くなるでしょう。
さらに、依頼者が自ら購入希望者を見つけた場合でも売買できます。


2つ目は、専任媒介契約です。
これは、1社のみに依頼する媒介契約を指します。
1つ目に紹介したものとは異なり、他の不動産会社に仲介を依頼できないため注意しましょう。


自分で買い手を見つけて、契約するのは可能です。
1社に絞るメリットは、依頼した会社が、売却するために全力で買い手を探してくれることです。
また、14日に1回以上は販売状況の報告を受けられるため、安心して待てるでしょう。


3つ目は、専属専任媒介契約です。
基本的な内容は2つ目のものと変わらないですが、契約内容がより厳しい契約です。
他社に依頼することも、自分で買い手を見つけることも禁止されています。
依頼主に対する報告義務は、7日に1回以上であるため、信頼性は高いでしょう。

□仲介手数料の内訳と目安を解説!

仲介手数料とは、売却活動に対する成功報酬のことです。
売却活動には、物件情報サイトに情報を載せたり、チラシを作成したり、購入検討者の物件見学に立ち会ったりする活動が含まれています。
成功報酬であるため、買い手が見つかり売買契約を行うまでは、仲介手数料は払わなくても良いでしょう。


仲介手数料は通常の仲介業務で発生する費用であるため、場合によっては別で手数料を請求される場合もあります。
例えば、売主の希望で離れた土地の購入希望者に交渉に行ってもらったり、特別な広告宣伝を行ってもらったりする場合は別の手数料を支払う必要があるでしょう。
仲介手数料には、売買価格ごとに上限が定められています。


例えば、売買価格が400万円を超えた場合、消費税を含めた仲介手数料は、売買価格×3.3パーセント+6万6000円で上限が求められます。
これはあくまでも上限であり、半額や無料のケースもあるので注意しましょう。
また、手数料は安ければ良いというものではありません。
手数料は安いけれど、サービスの質が悪い会社も存在するので、不動産会社に仲介してもらう方は慎重に選びましょう。

□まとめ

不動産売却の仲介について解説しました。
仲介を利用すると、広く購入希望者を探せるため、買取よりも不動産を高値で売却しやすいでしょう。
媒介契約についても、それぞれの特徴を理解し、適切なものを選びましょう。
不動産を売却する際には、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

arrow_upward