イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2021年01月04日
不動産豆知識

常総市にお住まいの皆さん!不動産売却で売れない理由と対策について解説します!

常総市にお住まいで、不動産がなかなか売れずに困っている方はいらっしゃいませんか。
不動産が売れない場合はいくつかの理由が考えられ、それらを改善すると売却できる可能性が格段に高まります。
そこで今回の記事では、不動産が売れない理由とその対策法について解説します。

□不動産が売れない理由とは?

不動産が売れない場合には、4つの理由が考えられます。
ご自身の状況が、どの理由に当てはまるのか確認しましょう。


まず1つ目の理由は、売り出し価格が高いことです。
価格戦略を立てることは、不動産を売却する上で非常に重要です。
しっかりとした査定に基づいて、エリアの特徴やマーケットのバランスを考え、適切な価格戦略を実行できれば、不動産は必ず売れるでしょう。


特に気をつけたいのが、売り出し価格です。
売り出し価格が高すぎると、そもそも買い手に検討されないため注意しましょう。


2つ目の理由は、不動産会社の売り出し方が悪いことです。
不動産会社によって、販売戦略はさまざまです。


例えば、物件情報サイトで宣伝する方法や、チラシをつくる方法がありますし、既に買い手の目星がついている場合もあります。
今の不動産会社で成果が感じられない場合は、依頼する不動産会社を変えることを検討しても良いかもしれません。


3つ目の理由は、不動産会社との契約が適切でないことです。
不動産会社の種類だけでなく、契約形態によっても売却の進みやすさが異なってくるため注意しましょう。
不動産業者との媒介契約は3種類あり、一般媒介契約と専属専任媒介契約、専任媒介契約の中からご自身の状況にあったものを選ぶ必要があります。


専属専任媒介契約か専任媒介契約を結んでいる場合は、複数の会社に依頼できず、その会社の販売戦略がしっかりしていないと不動産は売れません。
特に会社にこだわりがない方は、一般媒介契約に変えても良いでしょう。


4つ目の理由は、不動産そのものに問題があることです。
売り出そうとしている不動産が、需要のないエリアにあったり、不動産の使い勝手が悪かったりすると、価格を安くしてもなかなか売れません。
ご自身の不動産には需要があるのか、一度会社に確認してみましょう。

□見直すべきポイントを解説!

不動産が売れない際は、3つのポイントを確認しましょう。
1つ目のポイントは、物件の販売活動状況です。
不動産業者は、販売活動の結果を定期的に売主に報告してくれます。


しかし、報告書類を受け取るだけではなく、実際に自分の不動産がどのように売り出されているのか、インターネットやチラシで確認すると、販売活動状況を把握しやすいでしょう。
物件広告の閲覧数やお客様からの反応を知りたい場合は、担当者と打ち合わせを行い、修正を行うのが大切です。


2つ目のポイントは、売り出し価格が適切かどうかです。
売却スケジュールに余裕がある方は、高めに設定しても良いですが、早く売りたい場合は価格を下げることも検討しましょう。
不動産の市場相場は、需給関係によって大きく変わってくるため、ご自身が売り出している不動産の価格が、市場相場と大きな差がないかをチェックするのが大切です。


3つ目のポイントは、物件の魅力が最大限にアピールできているかどうかです。
内覧時には、購入希望者に良い印象を与えるために、物件を清潔にしておくことが大切です。
特に水回りはたくさんの方が気にされるため注意しましょう。


また、インターネットやチラシに掲載されている写真も、物件の魅力を伝える重要な要素です。
明るい場所で、さまざまな角度から撮った写真を載せましょう。

□不動産売却でやってはいけない行動を紹介!

不動産を売却する上で、やってはいけない行動が3つあります。
これから紹介するNG行動を、ご自身がやってしまっていないかチェックしましょう。


1つ目は、空き家にすることです。
空き家にした方が売れると思われるかもしれませんが、不動産を売るために急いで空き家にするのはおすすめしません。
人が住んでいる方が、実際の暮らしがイメージしやすいですし、内覧の際にも売主からさまざまな情報を直接聞き出せます。
また、空き家にしてメンテナンスを行わないと、物件が傷みやすいため注意しましょう。


2つ目は、リフォームすることです。
リフォームを行うと、かかった費用を物件の販売価格に上乗せできない可能性が高いため、結果的に損してしまうことが多いです。


自分好みにリフォームしたい方にも、売却しにくいでしょう。
リフォーム価格と売却価格のバランスを考え、本当にリフォームをするべきかどうかを判断することが大切です。


3つ目は、一戸建てを取り壊すことです。
エリアによっては、古い家の需要が多い場合もあるので注意しましょう。
また、建物を取り壊してしまうと、後から建て替えようとしている方が配置をイメージしにくくなります。
ご自身の不動産を取り壊すべきなのか、そのまま売る方が良いのかを不動産会社に相談してみましょう。

□まとめ

不動産が売れない理由や対策方法について解説しました。
売り出している不動産の、価格や販売戦略が適切であるか見直してみましょう。
信頼できる不動産会社と、しっかりと相談しながら売却を進めるのも大切です。
常総市で不動産売却を行う方は、ぜひ当社をご利用ください。

arrow_upward