イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2020年12月05日
不動産豆知識

常総市でお住まいの方!不動産売却の注意するところをご紹介!

「不動産の売却をしたいけどどうしたらいいかがきちんとわかっていない。」
常総市にお住まいでこのようにお考えの方はいらっしゃいませんか。
不動産の売却はコツがわかれば難しく考えることもなくなります。
そこで今回は不動産の売却の流れとその注意点について説明します。

□売却の流れについて

売却の流れは手順が少し多くなっています。
ひとつひとつ確実にみていきましょう。


1つ目は、査定を依頼して価格を出してもらうことです。
価格はその土地の人気や設備の劣化具合などで変化します。
自分ではわからないと思いますので、必ず査定のために訪問してもらい、実際の物件をみてもらいましょう。


2つ目は、契約する業者を決めることです。
査定額はこの価格くらいなら売れるだろうという予想です。
そのため査定額が売却する価格ではありません。
なぜその価格なのかを納得するまで説明してもらい、そこからご自身で契約会社を選択しましょう。


3つ目は、売却活動を開始することです。
インターネットへの掲載やチラシを作っての情報発信、オープンハウスなどのいろいろな売却活動を通して購入する方を探していきます。
またお問い合わせがあった場合は、実際に物件を見学してもらうのがおすすめです。
もし見学に対応できない場合には、不動産会社に鍵を渡しておいて対応してもらうのが良いでしょう。


4つ目は、売却を決定することです。
購入を希望する方が現れたら、申込書を受け取り、購入者に住宅ローンの事前審査を行ってもらいます。
その審査が通れば、直接売買契約を交わせます。
ここの部分はとてもややこしいのできちんと理解しておきましょう。


これで売却の一通りの流れは以上です。
売却を決定してからの契約も手間がかかるところなのでしっかりと理解しておくようにしましょう。

□売却価格の相場とかかる費用について

売り出しの価格はどのように決めればいいのかわかりにくいですよね。
そこで不動産会社に査定を依頼する前にしておいた方が良いことを紹介します。
それは近隣の売り出しが出ている物件の相場をみておくことです。
近隣の売り出し価格がどのくらいかを把握しておくことで不動産からの提示にも敏感になれると思います。


またかかる費用についても把握しておきましょう。
売却のときには手数料や税金などさまざまな費用がかかりますね。
売却したからといって、売ったお金が全て利益になるとは限らないので注意してください。


一般的に売却額の5から7パーセントが手数料と税金によってかかると言われています。
仲介手数料や印紙税、住民税などの税金や土地の境界を計測する測量費用などの手数料があります。
これらの費用についても頭に入れておいてください。

□注意しておきたいこととは

では売却のときに注意しておきたいこととは何でしょうか。
ここからは売却を失敗しないために注意しておきたいことを見ていきましょう。


不動産売却の前に注意しておきたいことは3つあります。
1つ目は、自分の状況にあった売却方法を選ぶことです。
売却方法としては通常の不動産売却の方法、不動産会社に直接販売してもらう方法、任意売却の方法などがあります。
自分がどの状況で売ればうまくいくのかをしっかり把握してから販売方法を選ぶようにしましょう。


先ほど紹介した方法の特徴を紹介しておくと、通常の方法は期間が長くかかりますが他の方法より高く売れます。
不動産会社の直接販売は、売却までは1週間程度と早くなっている反面、価格は普通の7〜8割です。
任意売却は、住宅ローンが返済できなくなったときに使う方法です。
どの売却方法にもメリット、デメリットがあるので、それを考慮した上で選ぶようにしましょう。


2つ目は、隣地との境界が決まっているかを確認することです。
一戸建てや土地を売却するときに、まず確認が必要なのが、隣地の境界線がはっきりと決まっているかどうかです。
土地の境界が決まっていない場合は、測量を行って境界を定めてから売り出す必要があります。
不動産会社が土地の境界について確認してくれますが、まずは自分で確認すると良いでしょう。


確認方法としては、隣地の土地所有者と土地の境界を確認した証明書である確定測量図と隣地所有者と境界について確認して押印されている筆界確認書、法務局に地積測量図があるかの3つです。
これらの3つがそろっていれば境界は確定していると考えられるでしょう。


3つ目は、売却費用を確認しておくことです。
実際の不動産売却は思っている以上にさまざまな手数料がかかります。
どのような費用がかかるかはしっかり把握しておかないと手元の資金が足りないということもあり得ます。
売却前にきちんと計算しておくようにしましょう。

□まとめ

今回は、不動産の売却の流れとその注意点について説明しました。
売却についてしっかり理解できましたか。
注意しておきたいことをきちんと頭に入れてから売却に取りかかるようにしましょう。
今回の記事に不明点や疑問点がありましたら、お気軽に当社にご相談ください。

arrow_upward