イエステーション 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2020年11月27日
不動産豆知識

常総市にお住まいの方必見!空き家の維持管理はどうすれば?

空き家の維持管理について知りたい方はいらっしゃいませんか。
空き家は放置しておくとさまざまなリスクが出てきます。
しかし維持管理ができれば、使い方も変わってくるでしょう。
そこで常総市にお住まいの方に空き家の維持管理について説明します。

□空き家になる前に行っておく対策について

空き家を放置しておくとさまざまなリスクが出てくることを知っていますか。
それを防ぐためにも空き家になる前にしておくと良いことがあります。
何をすれば良いのかを2つの点からみていきましょう。


1つ目は維持管理を誰がするか決めておくことです。
空き家になってしまった場合は住んでいたときとは違い、毎日掃除をすることや換気をすることは難しいですよね。
それによって家の劣化や悪臭の発生などが起こってしまいます。
これを防ぐためにも定期的に維持管理をする必要があります。


空き家の状態が数ヶ月続くと害虫や害獣が侵入すると言われ、そのあたりから衛生環境が急激に悪化してしまいます。
維持管理は毎日とは言いませんが、数日に一度は訪れて掃除をした方が良いでしょう。
維持管理をする人、または相続した家族が維持管理をするのが難しいのであれば業者に依頼するというのもひとつの手なので知っておいてください。


2つ目は、防犯セキュリティを強化しておくことです。
空き家になるとずっと住んでいる住宅とは違うので監視の目も少なくなり、不法侵入や不法投棄、放火などの犯罪も起こりやすいです。
掃除をしない日でも定期的に見回りをするのも良いですし、防犯カメラや人感センサーの照明を取り付けるといったセキュリティをつけるのも良いと思います。
空き家といっても昔は住んでいたのだから犯罪を起こされないように心がけましょう。

□維持するのにかかる費用について

空き家になる前に行う対策についてわかっていただけましたか。
次に空き家を維持するのにはどのような費用がかかるのかをみていきましょう。


まず固定資産税がかかります。
2020年時点では毎年1月1日時点で持ち主に固定資産税がかかります。
自治体により評価額が変わるので、一概にいくらというのは言い切れませんが、計算方法としては固定資産税=課税標準額(固定資産税評価額)×1. 4パーセント(標準税率)となっています。
自分の自治体がどのくらいか計算してみてください。


次に都市計画税がかかります。
2020年時点ですが、計算方法としては、都市計画税=課税標準額(固定資産税評価額)×都市計画税の税率(上限0.3パーセント)となっています。
こちらも自分で計算してどのくらいか確かめてみても良いでしょう。


次は火災保険です。
これは必ず入る必要があるわけではないですが、自然災害が起きる可能性もあるので入ることをおすすめします。
人が住んでいないので一般的な火災保険よりも高くつきます。
しかし、もし何かがあってからでは遅いので入っておくのが良いでしょう。


水道光熱費もあります。
空き家を定期的に掃除するのであれば、水道と電気は使えた方がいいですよね。
使っていなくても電気代と水道代はかかりますが、綺麗にしておくためには仕方がないと思って維持費に入れましょう。


最後に修繕費用があります。
人が住んでいても住宅は老朽化しますが、人が住んでいないと老朽化がより早いです。
また家の敷地が荒れていては犯罪のきっかけを作ってしまうかもしれません。
このようなことを防ぐために、修繕することにもお金をかけるようにしましょう。

□管理方法について

ではどのように管理すればうまくいくのでしょうか。
管理方法についてみていきましょう。


まず大事なのが換気をしっかり行うことです。
人が住んでいなくて老朽化してしまう原因の一番は湿気です。
湿気はたまってしまうと、家を腐らせてしまいますよね。
これを防ぐためにも定期的に換気をしっかり行い、家の中にたまった湿気を逃してあげましょう。


換気をするときに気を付けてほしいのが靴箱、押し入れ、クローゼットです。
この部分は他の部分よりも湿気がたまりやすいので、より念入りに換気をしてください。


次に通水をしておくことです。
空き家を管理する上では通水はかかせません。
水道を使わないで放置しておくと水道管は錆びてきます。
錆のせいで水道管が破裂する可能性もあります。


また水道を使わないことは、下水管からの空気が水道管をつたって流れ込み、家の中の悪臭を発生させる原因でもあります。
最低でも月に1回は通水の確認をするようにしましょう。


最後に、雨漏りをしていないか確認することです。
雨漏りをしていたら、壁や畳に大量のカビが発生してしまいます。
また、これらは住宅の老朽化を促進させてしまいます。
雨漏りが起きていないかもこまめに確認しましょう。

□まとめ

今回は、常総市にお住まいの方に空き家の維持管理について説明しました。
維持することは簡単ではないかもしれませんが、空き家を維持管理することでリスクを防げますし、それにより周りに迷惑をかけないようにできます。
今回の記事でわからないことがあればお気軽に当社にご相談ください。

arrow_upward