イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
第1・第2火曜日 毎週水曜日
2020年10月28日
不動産豆知識

常総市で不動産売却したい方へ!ふるさと納税についてご存じでしょうか?

ふるさと納税は聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。
実は不動産売却にもこのふるさと納税が関係する可能性があるのです。
今回は、ふるさと納税についてと、不動産売却とふるさと納税との関係について常総市の不動産会社が解説します。

□ふるさと納税とは?

少し以前に注目され、今では利用したことがある方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ふるさと納税とは生まれた育ったふるさとに対して寄付をして応援する制度です。
ふるさとという名前ですが、実際に自分が生まれ育ったふるさとだけではなく、自分が支援したい自治体ならどこにでも寄付ができます。

ただ寄付をするだけではなく、自分たちにとってもメリットがあることがふるさと納税の魅力なのではないでしょうか。
メリットとしては、税金の控除が受けられること、寄付金の使い道を選べること、地域の有名な品物をもらえることが挙げられます。

ふるさと納税をするための手続きを終えると、寄付金に対して、住民税や所得税の控除が受けられます。

ただし、総務省から対象外とされている自治体に関しては、税金の控除や還付は受けられないので注意が必要でしょう。
また、寄付金のうち2000円は自分で負担することとなり、控除対象になるのは2000円以上からです。

自治体に寄付をするといっても、何のために使われるお金かが明確でないと寄付して役に立っている感覚にならないでしょう。
やはり、寄付をするからにはそのお金がどのように役に立ったかが知りたいのではないでしょうか。

実はふるさと納税では、お金の使い道が誰にでも分かるようになっており、寄付をした人自身が寄付金の使い道を決められます。
多くの場合は、お礼に送られる地域の特産品から自治体を決めるでしょう。
しかし、寄付金の使い道から、応援する自治体を選択できることも魅力の1つです。

さらには、寄付した地域で有名ものを寄付をしたお礼としていただけることもふるさと納税の良い点だといえるでしょう。
その土地自慢の名産品なので、お礼の品物の品質も高いです。

□ふるさと納税にかかる所得に応じた制限とは

うれしいことばかりのふるさと納税ですが、所得に応じてお得になる額が異なります。
ふるさと納税は寄付することで、住民税と所得税が控除される仕組みであることはお分かりいただけたのではないでしょうか。

実は所得が高い人であればあるほど、ふるさと納税で控除される税金の総額が大きくなります。
なぜなら、もともと所得が高い人の方が、支払う税金が多いからでしょう。
自治体への寄付とともに、ふるさと納税は少しでも税金の負担をなくせるような仕組みになっているのです。

控除額にすると所得が多い人ほど多く控除されますが、支払う税金も多いので負担は変わりません。
ふるさと納税を利用して少しでもお得に税金の控除を受けたい方は、所得による控除の条件をきちんと確認してみるとよいでしょう。

所得だけではなく、家族構成によっても控除を受けられる額は異なります。
独身なのか結婚しているかや、働き手は何人いるか、子供の人数や年齢によって細かく決められているので、気になる方は各自治体に問い合わせるとよいでしょう。

所得に関しても家族構成に関しても控除される税金に制限はありますが、ふるさと納税をすること自体に制限があるわけではありません。
税金控除に関係なく自治体を応援したい気持ちがあれば、たくさんの種類のふるさと納税を利用するのも良いでしょう。

□不動産の売却でふるさと納税を有効活用できる人とできない人とは

不動産の売却とふるさと納税は特に関係がないように感じますが、実は不動産の売却で必要になった税金に対してふるさと納税を利用する方法があります。
不動産売却では大きな額の所得が得られます。
所得が大きくなると支払う必要のある所得税と住民税があがるでしょう。

これらの税金を、ふるさと納税を利用して控除の対象にすることでお得になります。
ふるさと納税は寄付する側としては税金の控除を目的とする場合も多いのではないでしょうか。
不動産売却で発生した税金の控除のために、ふるさと納税を利用することをおすすめします。

一見関係のなさそうなふるさと納税と不動産の売却ですが、税金の面から大いに関係すると理解していただけたのではないでしょうか。
不動産の売却時にふるさと納税に注目する理由は、不動産売却で出た高額の所得に対して発生する税金の控除を受けるためと言って良いでしょう。

不動産の売却時にふるさと納税を利用しても大きなメリットがない人もいるでしょう。
それは、不動産売却で手元に大きい利益が残らない場合です。
この場合、所得税や住民税も上昇しないので控除対象額が大きくならず、お得感は変わらないでしょう。

□まとめ

今回は、不動産売却とふるさと納税の関係についてご紹介しました。
不動産売却する際にはふるさと納税を利用してお得に納税をしても良いのではないでしょうか。
当社では、不動産売却や買取を行っています。
検討中の方はぜひ当社までご連絡ください。

arrow_upward