イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2020年09月17日
不動産豆知識

コロナが不動産売買に与える影響とは?常総市で不動産売却をお考えの方必見です!

常総市での不動産売却をお考えの方はいらっしゃいますか。
コロナ禍で不動産売却を行っても良いのかとお悩みの方も多いかと思います。
そこで今回は、コロナが不動産売却に与える影響について、常総市の不動産会社が解説します。

□コロナが不動産売却に与える影響とは

不動産は、住宅を売る、買うというように私たちの生活に深く関わっている業界のため、観光業界や外食業界のような直接的な影響は受けにくいです。
専門家の中では、コロナが不動産業界に与える影響についてそこまで大きくはないとする意見が多いです。

理由としては、一般的に不動産の購入費用は生活費に入れている方が多く、不動産業界はコロナの影響を受けない可能性があるというものです。
また、住宅は人間が生きていくために必要不可欠で、それなりにお金をかけておきたいという考えの方も多くいらっしゃいますね。

コロナが拡大することで経済状況が変わる可能性がありますので、今後の傾向にも注目する必要があります。

□コロナ時代の不動産売却のポイントとは

今の時代に合った不動産売却のポイントを3つご紹介します。

*他の物件との差別化を図ること

良い条件で不動産を売却するには、他の物件との差別化を図りましょう。
なるべく早く売却したい方は、売却価格を下げることも1つの方法です。

また、住宅診断を行うのもおすすめです。
住宅診断とは、住宅診断士が不動産の劣化状況・欠陥・改修場所などを第三者の立場からアドバイスすることです。
住宅診断を行うことで、買手は安心して不動産を購入できるでしょう。

その他、ハウスクリーニングやリフォームも、他の物件との差別化として有効になる場合もあります。

*売却時期を見極めること

不動産を売る際に重要なのは、買手の需要があるかどうかです。
そのため、買手の需要が高まっている時に売りに出すことが重要です。
例えば、現在の状況からみると、都心や観光地はコロナの影響で価値が下がる可能性があります。

一方、それ以外の地域ではそこまで価値減少の影響を受けないと考えられています。
そのため、コロナが収束する前に売却するのがおすすめですね。
感染予防をしっかり行った上で、不動産会社に相談してみましょう。

□まとめ

コロナが不動産売却に与える影響についてご理解いただけたと思います。
本記事をお読みいただき、不動産売却の円滑な進行に役立てていただけたら幸いです。
常総市での不動産売却をお考えの方は、ぜひ一度当社までご相談ください。
誠心誠意サポートさせていただきます。

この記事を書いた人
滝田 謙介 タキタ ケンスケ
滝田 謙介
不動産業界は人間関係が一番大切だと思っております。親切・誠実をモットーに取り組んでまいります。
arrow_upward