イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2020年09月13日
不動産豆知識

常総市で実家の売却をするなら知っておきたい!確定申告はするべきなの?

実家を売却する際、確定申告にお困りの方は多くいらっしゃいます。
「確定申告はすべきなのか。」や「確定申告をしないとどうなるのか。」といったお悩みをお持ちの方に向けて、今回は実家を売却する際の確定申告についてご紹介します。

□実家を売却する際の確定申告について

実家を売却する際には基本的に確定申告が必要です。
しかし、売却利益が購入費用を超えた場合に限り、確定申告は必要ありません。
ここからは、確定申告が必要となる具体的な条件を2つご紹介します。

*売却により利益が出た場合

実家を売却した際に利益が出た場合は、確定申告をしてください。
利益とは、売却価格から経費を差し引いて残った金額で、譲渡益といいます。
この譲渡益に譲渡税がかかりますが、住民税や所得税に上乗せされる形で課税されるため、確定申告が必要です。

*特例制度を使用する場合

不動産売却には、特例制度が存在します。
2020年7月現在の特例制度を以下にいくつかご紹介しますので、適用されるかどうか確認してみてください。
1つ目は譲渡所得から3,000万円を控除して残額がある場合の特例制度で、2つ目は10年超所有軽減税率の特例制度、3つ目は居住用財産買換え等の場合の譲渡損失の損益通算および繰越控除になります。

□確定申告をしないとどうなるのか

実家の売却により譲渡益が出たら、期限内に確定申告をする必要があります。
しかし、確定申告を忘れてしまったらどうなるのでしょうか。
その場合は、滞納税もしくは無申告税が課せられます。

まずは、滞納税についてご紹介します。
納付期限までに税金が支払えない場合は、滞納税がかかります。
分割での支払いも可能ですので、延滞しないように注意してください。

また、病気や怪我などの事情があり納付期限に間に合わない場合は、猶予期間をもらえるケースもあります。

続いて、無申告税についてです。
納付期限を過ぎて1ヶ月経つと、申告逃れをしているとみなされ無申告税が課されます。
元々の納付額に加えて税額に応じた罰金を支払う必要があるため、注意してください。

納税額の50万円までは15パーセント、50万円を超える部分は20パーセントの割合を上乗せした金額が罰金となります。
税務署の調査前に自主申告した場合は、課税割合が5パーセントまで軽減されます。

□まとめ

今回は、確定申告は必要かどうかや、行わなかった場合どうなるかについてご紹介しました。
確定申告を行う必要がある方は、忘れずに行ってください。
常総市での実家売却に関して、不明点や疑問点がございましたら、お気軽に当社までご相談ください。

この記事を書いた人
滝田 謙介 タキタ ケンスケ
滝田 謙介
不動産業界は人間関係が一番大切だと思っております。親切・誠実をモットーに取り組んでまいります。
arrow_upward