イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2020年09月05日
不動産豆知識

不動産売却の際はリフォームするべき?常総市の不動産会社が解説します!

「不動産売却を考えているけど、リフォームは必要なのか」
このようにお悩みの方はいらっしゃいますか。
高く売却するために、リフォームをするべきではないかとお考えの方は意外と多いです。
そこで今回は、不動産売却の際のリフォームについて常総市の不動産会社がご紹介します。

□不動産売却の際はリフォームは必要か

結論から申し上げますと、不動産売却の際はリフォームは必要ありません。
以下に、その理由を3つご紹介します。

*リフォーム費用の元が取れないことも

1つ目の理由は、リフォームをしても、その費用の元を取れない可能性があるためです。
リフォーム費用を売却代金へ上乗せできなかった場合、損をしてしまいます。
また、売却前に出費が増えてしまうため、あまりおすすめできません。

*売却中に傷む可能性がある

2つ目の理由は、リフォームをしても売却中に痛む可能性があるためです。
例えば、床や壁を張り替えたとしても、売却している間にどんどん傷んでいきます。
特に水回りの設備は毎日使用するため劣化しやすく、すぐに水垢がついてしまいます。

その結果、先ほどご紹介した通り、リフォーム費用を売却代金に上乗せできなくなってしまうでしょう。

*買主は自分でリフォームしたいことが多い

中古住宅を購入する方の中には、自分でリフォームをしたいと考えている方が多いです。
リノベーションすることを目的として購入し、自分好みの家に作り上げるのです。
そのため、リフォームをせずに売却した方が早く買主が見つかるかもしれません。

□リフォームをした方がよい場合もある

以下のような場合は、リフォームをした方が売却しやすい場合があります。

まずは、重要な住宅設備が故障している場合です。
給湯器など、住宅にとって重要な設備が故障していると、買主からの印象が悪くなる可能性があります。
生活に必要な設備は整っている方が売れやすいでしょう。

続いて、見た目の印象が悪い場合です。
例えば、家にカビが多かったり、壁が傷だらけだったりすると、見た目の印象が悪くなります。
その結果、内覧者はあまり良い印象は抱きにくくなってしまうでしょう。

客観的にみて、「住みたいな」と思える家と印象は良くなります。

□まとめ

今回は、不動産売却時にリフォームをすべきかについてご紹介しました。
本記事を参考に、スムーズな不動産売却を行っていただけたら幸いです。
何かお困りのことがございましたら、当社までお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
滝田 謙介 タキタ ケンスケ
滝田 謙介
不動産業界は人間関係が一番大切だと思っております。親切・誠実をモットーに取り組んでまいります。
arrow_upward