イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2020年09月01日
不動産豆知識

常総市での不動産売却の費用とは?目安をご紹介します!

不動産売却に関して、一番気になるポイントは売却費用ですよね。
税金や手数料など、難しい項目が多く混乱してしまう方もいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、不動産売却にかかる費用の目安について、常総市の不動産会社がご紹介します。

□不動産売却にかかる費用の目安とは

不動産売却にかかる費用として、まずは抵当権抹消にかかる費用が挙げられます。

抵当権抹消とは、住宅ローンを借りる際に設定した担保を、ローン完済により抹消してもらうことです。
抹消をしないと、金融機関が不動産を競売にかける権利を有したままになってしまうため、注意してください。

費用の目安は、司法書士へ依頼する場合は5000から2万円です。
個人で行う場合は、1000円ほどで済ませられますが、手続きが難しいため、司法書士へ依頼することをおすすめします。

続いて、住宅ローン返済費用です。
多くの方は、不動産を購入する際に住宅ローンを利用していますよね。
不動産売却の際、住宅ローンが残っている場合は、一括返済の必要があります。
手続きは、窓口・電話・ネットのどれかで行い、5000から3万円を目安に費用を準備しておいてください。

□その他にかかる費用の目安とは

上記でご紹介したもの以外にも、不動産売却時にかかる費用はあります。

*測量にかかる費用

土地や戸建を売却する場合、測量費用がかかる可能性があります。
売却価格を決める際に必要な情報である、面積や境界の測量を依頼します。
費用は、面積の大きさなどによっても異なりますが、50から100万円が目安です。
市や国が立ち合うかどうかによっても変わるため、注意してください。

測量は、売却の際必須条件ではありません。
しかし、買主にとっては、購入のための判断材料になりますので、測量しておくことをおすすめします。

*引越しにかかる費用

現在住んでいる住居を売却する場合は、引越し費用がかかります。
引越し費用の目安は、荷物の量によっても異なりますが、30万円程度でしょう。
家具を処分したい場合は、不用品回収費用も必要です。
不用品回収費用は、10から50万円が目安です。

また、売却してから新居を購入する場合、仮住まいへの引越し費用に加え、仮住まいから新居への引越し費用も必要ですので、注意してください。

□まとめ

今回は、不動産売却にかかる費用の目安をご紹介しました。
本記事をお読みいただき、念入りに資金計画を行ってみてください。
事前に費用を把握して、スムーズな不動産売却を行っていただけたら幸いです。

この記事を書いた人
滝田 謙介 タキタ ケンスケ
滝田 謙介
不動産業界は人間関係が一番大切だと思っております。親切・誠実をモットーに取り組んでまいります。
arrow_upward