イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2020年08月28日
不動産豆知識

常総市で不動産売却をした方が良い人とは?そのメリットを解説します!

不動産を所有している方で、売却するかどうかお悩みの方はいらっしゃいませんか。
今回は、不動産売却をした方が良いケースや売却のメリットについて、常総市の不動産会社がご紹介します。
常総市で不動産を所有している方は必見です。

□不動産売却をした方が良いケースとは

*空き家を所有している場合

空き家を所有している場合は、売却することをおすすめします。
以下では、その理由を2つご紹介します。

1つ目は、空き家は劣化が早いためです。
人が住んでいない家は、手入れが施されないため、経年劣化が早くすぐに傷んでしまうでしょう。
劣化が進むと、倒壊や不審者侵入の可能性が高まってしまいますよね。

2つ目は、税金がかかるためです。
最近、日本では空き家の件数が増加していることが問題視されており、空き家対策特別措置法という法律が制定されました。
この法律の基準に基づき特定空き家と判断されると、固定資産税の特例が解除される場合があります。

特例が解除されると、今までの3から6倍の税金を払う必要が出てくるでしょう。

*維持費を抑えたい場合

不動産を所有していると、維持費がかかります。
しかし、長年支払い続ければ、金額は膨大になり負担が大きくなるでしょう。
また、不動産を売却することで現金化でき、住宅購入資金にしたりローン返済に当てたりも可能です。

また、保険に加入している場合は、いくらか返金されることもあります。
これらのことから、現金を必要とされる方には不動産売却をおすすめします。

□不動産売却のメリットについて

基本的に、築年数が経てば経つほど不動産の価値は下がります。
法定耐用年数から考えると、木造住宅では22年、鉄骨造住宅では34年経つと、築古住宅と呼ばれています。
できるだけ早めの売却をすれば、売却金額を高めに設定できるかもしれません。

また、築年数が古くても、場合によっては価値が下がりにくい住宅もあります。
例えば、土地と併せて売却を行う場合、土地評価額があまり変動しない地域では価値が下がりにくい住宅と呼べます。
さらに、駅やバス停からの距離が近いなど、立地が良い場合も価値が下がりにくいです。

□まとめ

今回は、不動産売却をした方が良いケースや売却のメリットについてご紹介しました。
早めに売却することで、より利益を得られる可能性もありますので、ぜひ一度検討してみてください。
本記事をお読みいただき、不動産売却をしたいと思われた方は、当社までお気軽にご相談ください。

この記事を書いた人
滝田 謙介 タキタ ケンスケ
滝田 謙介
不動産業界は人間関係が一番大切だと思っております。親切・誠実をモットーに取り組んでまいります。
arrow_upward