イエステーション常総店 株式会社レステコ
10:00-18:00
毎週水曜日
2020年08月13日
不動産豆知識

常総市での不動産売却についてありがちな問題とは?未然に防ぐ方法を紹介します

不動産売却は何千万ものお金が動くため、よく問題が発生します。
そこで今回は、常総市での不動産売却についてありがちな問題や未然に防ぐ方法をご紹介します。

□不動産売却時にありがちな2大問題とは

不動産売却時に多い問題とは、「重要事項説明等(重要事項の不告知を含む)」と「契約の解除(ローン不成立の解除を含む)」の2つです。

重要事項の説明がなされていない状態で、物件の購入者が実際に新居で暮らしてから初めて知る、これが問題に繋がります。

重要事項は通常、取引が成立するまでに物件の売却者もしくはその担当の不動産会社が物件の購入者に説明する必要があります。

重要事項には、過去に事件があった物件や騒音のある物件など事前に伝えるべき内容が挙げられるでしょう。

物件の購入予定者に重要事項を伝えると取引を止める可能性があるので、伝えないことがあるのです。

また、契約の解除も問題として多く取り上げられます。
これは、交渉時に契約が成立した後に、親の反対や不祥事などで解約となるケースです。

基本的には、売買契約書に書かれている内容に沿って結論が決まるので、内容に不備があり問題にならないためにも事前にしっかりと契約書を確認しておきましょう。

□不動産売却の問題を未然に防ぐには

不動産売却の問題を未然に防ぐには、まず契約の解除をきちんと確認しておく必要があります。
契約の解除に関しての理解さえお互いの共通認識があれば、問題になることは少ないでしょう。

そのため、不動産会社にどのような場合に解除できるのか、解除したらどうなるのかの確認をしましょう。
不動産会社に購入者にも同じ内容を伝えるよう念を押してください。

また、瑕疵問題については正直に告知しましょう。
問題になるケースの多くが、売却者が物件の価値が下がるのを恐れて、瑕疵を隠すことで生じています。

売却者にしか分からない欠陥部分は、不動産会社の外部調査でも判明するのは困難でしょう。
隠した結果、購入者が実際に住むことで見つかった瑕疵が契約書に載っていなかったために、問題となります。

問題が起これば、売却者だけでなく、関係者全員が損をします。
そうならないためにも、瑕疵を報告する告知書を嘘偽りなく書いて、未然に問題を防止しましょう。

□まとめ

今回は、常総市での不動産売却についてありがちな問題や未然に防ぐ方法をご紹介しました。
上記に挙げたありがちな問題は、自分たちの確認不足や不告知によって生じています。

ありがちな問題を把握しておくことで問題を未然に防げると思いますので、不動産売却をする際には気を付けましょう。

この記事を書いた人
滝田 謙介 タキタ ケンスケ
滝田 謙介
不動産業界は人間関係が一番大切だと思っております。親切・誠実をモットーに取り組んでまいります。
arrow_upward