【自宅の売却】悲しいけど後悔しないためのポイントをレステコホームが解説します!

2024年2月1日

自宅 売却 悲しい 持ち家

【自宅の売却】悲しい思いをしないためのポイントとは?

自宅の売却で悲しい思いをしたという声を耳にすることがあります。

自宅を売却する理由は、ご主人の転勤、老後の住み替え、離婚など事情はさまざまで、やむを得ず自宅の売却が必要になった人もいれば、新しい住まいや環境を望んで自宅を売却された人もいます。どのような理由であれ、住み慣れた自宅を売却するのは決心が要ることであり、実際に自宅が自分の家ではなくなると非常に悲しいことです。そのうえ、自宅の売却に失敗してしまうと、更なる悲しみや後悔が生まれてしまいます。

自宅の売却が決まったら、悔いを残さずに新しい環境でスタートしたいものです。

今回の記事では、自宅の売却にあたって悲しい思いをしないためのポイントについて解説します。自宅の売却を検討されている人はぜひご覧ください。

自宅を売却するときに後悔しないポイント

自宅売却で後悔しないポイントを知っておくと、悲しい思いを和らげることができます。

自宅 売却 悲しい 後悔

自宅を売却する上で大切なのは、後悔のリスクを最小限に抑えることです。「A社ではなくB社に頼んでいればよかった」「しっかりと資金計画を練っておけばよかった」といった後悔は、悲しい気持ちを一層増幅させます。

後悔のリスクを軽減できれば、自宅を手放す悲しい気持ちも和らげることができます。さらに、より良い条件での取引が可能になるでしょう。

ここでは、自宅を売却するときに後悔しないポイントについて詳しく紹介します。

複数の不動産会社で査定してもらう

自宅を売却する場合、複数の不動産会社に査定してもらうことが重要です。
それには以下のメリットがあります。

  • 高い査定額を提示する不動産会社を見つけられる
  • 低い査定額を回避できる
  • 不動産会社の対応やサービスを比較できる

査定額の違いが明確になることで、自宅を売った後に「A社ならもっと良い条件で売れた」「B社を選んだら価格が最も低かった」といった悲しい状況を回避できる可能性が高まります。すでに自宅を売ることで悲しい気持ちがあるかもしれませんが、不利な条件での売却金額は一層つらいものとなります。

後悔や悲しい思いを避けるためにも、自宅を手放すときには複数の不動産会社に査定を依頼するのも良い選択肢と言えるでしょう。

信頼できる不動産会社を選ぶ

自宅を売る際に後悔せず、悲しい気持ちを和らげるためのポイントは、信頼できる不動産会社を選ぶことです。

信頼できる不動産会社を選ぶことで、より良い条件での売却が期待できます。また、売主に寄り添った丁寧な対応やサービスによって、満足度が高まり、悲しい気持ちも軽減されるでしょう。

一方で、信頼できない不動産会社を選んでしまうと、満足のいく結果を得ることは難しくなります。
信頼できる不動産会社を選ぶためのポイントは以下のとおりです。

  • 実績が豊富か
  • 評判が良いか
  • 担当者の知識や経験が豊富か
  • サービス内容が良いか

これらのポイントを考慮して信頼できる不動産会社を選び、自宅の売却をスムーズに進めましょう。

売却期間は中期的な視点で

自宅を売る際には、売却期間を中期的な視点で考えることが重要です。

仲介の場合、一般的に自宅が売れるまでの期間(売り出しから成約まで)は、早くて3ヶ月、平均で6ヶ月前後です。ただし、市況や物件の状況、不動産会社によっては1年以上かかることもあります。そのため、売却計画や資金計画を中期的な視点で立てておくことが大切です。

物件が売れるまでの間、維持費(仮住まい費用、管理費、固定資産税など)が発生するため、安易に短期間での売却計画や資金計画を立てることは危険です。順調に進まない場合や資金的な厳しさが生じた場合、悲しい状況が一層深刻化する可能性があります。

自宅を売る際は、中期的な視点で慎重に臨むことで、悲しい結果を回避できるようになります。

ただし、急いで売却しないといけないなどの事情がある場合は、時間のかかる仲介ではなく、不動産会社による買取も選択肢の一つです。

自宅売却時によくある失敗事例

自宅売却での失敗事例をあらかじめ理解しておくと、適切な対策を講じ、悲しい結果を回避できるようになります。

自宅 売却 悲しい 失敗事例

特に低価格での売却や不動産会社への丸投げ、不動産会社の選択ミスには十分な注意が必要です。これらの失敗は、満足のいく結果を得るのが難しくなり、悲しい結果につながります。自分の大切な自宅を手放す際には、事前に失敗事例を確認しておくことが重要です。

ここでは、自宅売却時によくある失敗事例について詳しく見ていきましょう。

低価格での売却

自宅を売る際によく見られる失敗例の一つが、市場価格よりも割安で物件を売ってしまうことです。自宅を売却するだけでも悲しい経験ですが、低価格での売却が明らかになると、それによってより一層悲しい気持ちになってしまいます。

低価格での売却を防ぐためのポイントは、以下のとおりです。

  • 実績豊富で信頼できる不動産会社を選ぶ
  • 複数の不動産会社に査定を依頼する
  • 短期的な売却スケジュールに固執しない

実績豊富で信頼性のある不動産会社を選択することで、より有利な条件での売却が期待できます。

また、複数の不動産会社から査定を取ることで、査定額の高い(または低い)会社がわかり、相場も把握できます。

さらに、短期的な視点ではなく中期的な視点を持つことで、妥協が少なくなり、より有利な条件で進めることが可能です。

これらのポイントを実践することで、より悲しい経験を避けることができます。

不動産会社に丸投げ

不動産会社に丸投げして失敗し、悲しい経験をする事例もあるため注意が必要です。

売主の理想と不動産会社のゴールは必ずしも一致しないことがあります。そのため、意思決定や計画などをすべて不動産会社に委ねると、売主の期待に添えず、悲しい結果となる可能性があります。

相手が不動産売却のプロであっても、「どのくらいの価格で自宅を売りたいのか」「どのような計画を望んでいるのか」など、自分の考えを明確に伝えましょう。売主と不動産会社がお互いの考えを共有し、理解し合うことが重要です。これにより、お互いが満足できる結果が得られ、悲しい経験をするリスクも軽減されるでしょう。

不動産会社の選択ミス

不動産会社の選択ミスは、自宅売却の失敗の一例として挙げられます。

不動産会社はそれぞれ得意とする物件やエリア、ターゲット顧客、販売チャネルがあり、担当者の知識や経験にも影響してきます。そのため、自宅の状況に最適な不動産会社を選ばないと、売却価格が低下したり、成約までの期間が長引いたりして悲しい結果につながる可能性がありますので、注意が必要です。

自宅を手放す上に条件が悪くなると、より一層悲しい気持ちが募ります。最適な不動産会社を選ぶことで、理想に近い条件での取引が期待できます。

選択ミスを避けるためにも、複数の不動産会社を比較検討することが重要です。不動産会社の実績やサービス内容、評判、担当者の対応、得意とする物件やエリアなどを照らし合わせ、最適な不動産会社を選択しましょう。

自宅売却のタイミングは不動産会社に相談がおすすめ

自宅売却のタイミングが遅いと失敗することもあります。自宅を手放す名残惜しさから先延ばしにすると、売却のタイミングを見逃す可能性があるからです。

とはいえ、早く自宅を売却したいからといって、焦りも禁物です。売却の検討から契約までの期間は約1年程度かかるのが一般的です。新学期などのように物件が動くシーズンや、税金の控除などを考慮しながら計画的に進めることで、より納得のいく価格で自宅を売却することができます。

自宅売却の適切なタイミングを自分で判断するのは難しいことです。その点、不動産会社は市場変動の影響や金利・法規制の変化、地域の特性について熟知している不動産のプロです。自宅の売却を検討する際には、不動産会社に相談しながら進めることをおすすめします。

自宅売却でお困りの場合はレステコホームにご相談ください

自宅の売却でお困り事がございましたら、レステコホーム(常総店・筑西店・坂東店・桜川店・つくば店)にお任せください。

自宅 売却 悲しい 不動産会社

今回の記事では、自宅の売却で悲しい思いをしないためのポイントについて解説しました。
事前にポイントを知っておくことで、悲しい思いは最小限に抑えられます。自宅での大切な思い出を心にしまいつつ、新しい住まいや環境での未来を楽しみに迎えましょう。

レステコホームでは、自宅売却の仲介だけでなく買取にも対応しています。お客様のお悩み事やご事情に寄り添いながら、最適なアドバイスをさせていただきますので、お気軽にご相談ください。

【お問い合わせ先】
電話番号:0297-21-9577
FAX:0297-21-9587
無料査定依頼フォームはこちら
お問い合わせフォームはこちら
店舗への来店予約はこちら