空き家売却の注意点は?そのままか解体かリフォームか、売る方法別にご紹介!

2023年12月21日

空き家 売却 注意点

空き家売却時の注意点!売る方法別に解説します

空き家売却時にはいくつかの注意点がありますが、売る方法によって注意点は異なります。

空き家をそのままの状態で売るか、解体して更地にするか、リフォームして販売するかお悩みの方もいらっしゃることでしょう。基本的には、空き家も一般的な不動産の売却方法と変わりません。しかし、劣化が進んでいる場合や築年数が経っている場合は、注意点がございます。
売却方法別に、それぞれの注意点やメリットなどをご紹介します。

空き家をそのままの状態で売る場合の注意点

空き家をそのままの状態で売る場合の注意点は、劣化や老朽化の程度を考慮して価格設定が必要な点です。

しかし、一番メリットが多くおすすめの販売方法となります。空き家を解体せず、建物と土地を売却することを中古戸建または古屋付土地での売却と言います。このメリットは、手間がかからず、できるだけ早めに売却できるという点です。また、解体や造成、分筆、測量の費用は買い手の負担になるため、他の売却方法に比べて時間や費用がかかりません。さらに、近年土地や建材の価格が上がっているため、買い手からみても古い家を購入しリフォームができる点がメリットです。

空き家を解体して売る場合の注意点

空き家を解体し更地として売る場合の注意点は、解体費用がかかることと、地域によっては売れにくくなる点です。

また、解体業者の選定や解体に時間がかかることも注意点です。このように、売主にとって解体費用の負担や時間がかかることが注意点ですが、古家付土地として売却する場合よりも高い値段で売却できる可能性があります。しかし、常総市では空き家を解体したら売却しにくいのが注意点です。そのため、空き家はそのままの状態で売るように注意してください。

空き家をリフォームして売る場合の注意点

空き家をリフォームして売る場合の注意点は、リフォーム費用を販売価格に上乗せしにくい点です。

空き家を売却する場合、「古い空き家は、リフォームすべきだろう。」とお考えの方はいらっしゃると思います。しかし、その必要はありません。リフォームをせずに売却するのがおすすめである理由を2点解説します。

1つ目は、先ほどお伝えした注意点の通り、リフォームの費用を空き家の販売額に上乗せするのが難しいためです。上乗せすると、相場の価格から大きく外れ、買い手が付かなくなるでしょう。

2つ目は、買い手の中には自分でリフォームしたいと思う方もいるためです。先ほども述べましたが、古い空き家を購入し、自分好みの家にリフォームしたいと考える方もいらっしゃいます。そのため、そのような方から見るとリフォーム済みの空き家に魅力を感じないでしょう。

これらの理由から、リフォームせずに空き家を売却するのをおすすめします。

費用以外にもメリットが多い!空き家はそのままの売却がおすすめ

費用以外にもメリットが多いため、空き家は解体せずにそのまま売却するのがおすすめです。手間がかからず早く売却でき、買い手側にとっても古い家を購入してリフォームできます。常総市では特に、解体後の売却が難しいため、空き家はそのまま売却することをおすすめします。

本記事を参考に、空き家の売却を行っていただけたら幸いです。不動産は、できるだけ早めに売ることで、高値で売れる可能性が高くなります。何かお困りごとがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

【お問い合わせはこちら】
受付時間:9:00-17:30
電話番号:0297-21-9577
FAX:0297-21-9587
お問い合わせフォーム