【空き家】不動産売却するタイミングはいつがベスト?不動産会社が解説

2023年11月29日

空き家を不動産売却するタイミングはいつがいい?

空き家を不動産売却するタイミングはいつなのか、結論から言うと今すぐのタイミングで行うことをおすすめします。

その理由をいくつか解説します。

1つ目は、近年空き家が増加しているためです。

空き家の整理にお悩みの方は、増加傾向にあります。

例えば、遺産相続の際、子供世代が家を相続しても、既にご自身の持ち家がある場合が多いです。

そのため、空き家が発生する可能性が高いといえます。

そして、空き家が増加すれば、売却したい時に買い手がつきにくくなります。

空き家が増えすぎる前のタイミングで売却した方が良いでしょう。

2つ目は、所有するだけでお金がかかるためです。

不動産は、自分で住まなくても、所有するだけで税金や管理費用などがかかります。

これまで資産であった不動産が、「負動産」になる可能性があるでしょう。

「負動産」を抱えて困らないように、早いタイミングで売却しておくことをおすすめします。

3つ目は、時間が経過するほど不動産の価値が下がるためです。

不動産は放置すると、荒廃が進み、「負動産」になりやすいです。

築年数を基準として考えてみても良いかもしれません。

空き家 不動産売却 タイミング

不動産を売る時のタイミング!見極めるポイントを解説

不動産を売る時のタイミングを見極めるポイントについて解説します。

空き家は今すぐの売却がおすすめとお伝えしました。

しかし、現在住んでいらっしゃる空き家を売却する場合は、売れやすいタイミング等もございますので、参考にしてみてください。

*季節を見極めて売る

不動産売却におすすめのタイミングの季節は、春と秋です。

なぜなら、転職や転勤の時期とかぶるためです。

異動は、3月や9月に言い渡される場合が多いため、このタイミングは買い手の需要が高まるでしょう。

*築年数が古く前に売る

不動産の価格に最も影響があるのは、築年数です。

高い価格で売るためには、できるだけ早いタイミングで売却する必要があります。

*税金がお得な時に売る

不動産売却により得た金額が購入費用より高額な場合、譲渡所得税が発生します。

これは、所有期間が5年以上になると、税率がほぼ半分に減ります。

そのため、所有期間が4年と少しの場合などは、少しタイミングを待ったほうが良いでしょう。

このように、税金対策にも気を配ると手元に残る金額がより大きくなりますよ。

空き家不動産は早めのタイミングで売却処分がおすすめ

空き家の不動産は、早めのタイミングでの売却処分がおすすめということを解説しました。

お手持ちの不動産が「負動産」とならないために、早いタイミングで売却する方が良いでしょう。

空き家整理や資産整理をお考えの方は、ぜひ本記事にて売却のタイミングを参考にしてください。

空き家の不動産売却のタイミングなどでお困りごとがございましたら、お気軽に当社までお問い合わせください。

【お問い合わせはこちら】
受付時間:9:00-17:30
電話番号:0297-21-9577
FAX:0297-21-9587
お問い合わせフォーム